エルサルバドル大統領、海外投資家への市民権付与を議会に提出へ

エルサルバドル大統領、海外投資家への市民権付与を議会に提出へ

エルサルバドルのナイブ・ブケレ大統領が、中米に投資する外国人に市民権を付与する案と、投資プロジェクトを誘致するために政府のハードルを下げるその他の構想を、同国の議会に提出する予定であることが分かった。

ブケレ氏は法案がビットコインに関連する起業家のみを対象としたものかどうかは明言しなかった。ただ、同氏は先週エルサルバドルを 「#ビットコインフリーダムな国」と称していた。

具体的に同氏は「52の法改正を議会に送り、お役所仕事の撤廃、官僚主義の削減、税制優遇措置、市民権の創設、投資と引き換えに新しい証券法、より安定した契約方針などを提案していきます」とツイートしていた。

エルサルバドルは昨年9月に世界で初めて米ドルと並行してビットコインを法定通貨に制定したが、この決定は国際通貨基金(IMF)から同国の財政に変動とリスクをもたらすとして批判を浴びた。

また同氏はビットコインシティプロジェクトの建設資金とさらなる暗号資産の購入資金を調達する目的で、今年の3月に1,200億円(10億ドル)相当のビットコイン債券を発行する予定だ。

(Reporting by Nelson Renteria; Writing by Drazen Jorgic; Editing by Mark Porter)
※この記事は「あたらしい経済」がロイターからライセンスを受けて編集加筆したものです。
images:Reuters

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【4/12話題】ワールドコインのユーザー数が1000万人、メルカリのビットコイン取引サービス利用者数200万人など

ワールドコイン(WLD)、「World App」ユーザー数が1000万人突破、メルカリのビットコイン(BTC)取引サービス、利用者数200万人突破。サービス開始1年で、米サークル、ブラックロックのトークン化ファンド「BUIDL」を「USDC」に交換可能に、川崎重工とSettleMint、ブロックチェーン活用による品質管理の実証実験、GMOコイン、レバレッジ取引に6銘柄追加。ソラナ(SOL)やコスモス(ATOM)など、米ドルステーブルコイン「FDUSD」、Sui(SUI)上にローンチ、Bitfinex Securities、ヒルトンホテルへの資金提供としてエルサルバドル初のトークン化債券を導入、バイナンス、米当局と和解後にコンプライアンス遵守へ向け注力、新CEO語る、a16z crypto、ゼロ知識証明を用いたソリューション「Jolt」リリース、米クラーケン、アイルランドとベルギーで「モネロ(XMR)」上場廃止へ