FENDI、ハードウェアウォレットケースの予約開始

FENDIがハードウェアウォレットのアクセサリー予約開始

イタリアのファッションブランドであるフェンディ(Fendi)が、暗号資産(仮想通貨)ハードウェアウォレットの専用ケースとなるアクセサリーの販売予約を開始することが分かった。

ハードウェアウォレットを提供するレジャー(Ledger)とのコラボにより、「Fendi X Ledger」のコレクション名で商品展開がされるとのこと。なお「Fendi X Ledger」については今年1月15日にミラノ(Milan)で発表された2022-23年秋冬メンズコレクションで初披露されていた。

今回販売予約されるアクセサリーに対応するのは、レジャー(Ledger)の「レジャー ナノ X(LEDGER Nano X)」となる。

「Fendi X Ledger」コレクションは、6月16日よりフェンディ公式オンラインストアにて先行予約を受け付け、7月14日より同オンラインストアにて限定販売を開始。国内ではフェンディ銀座店、およびフェンディ⼤阪店で、現物の店頭ディスプレイを実施する予定とのことだ。

今回販売されるアクセサリーは全5種類。価格については「レジャー ナノ X オーロックウォレットホルダー」のシルバーとゴールドが各231,000円(税込)、「レジャー ナノ X バゲットウォレットホルダー」のシルバーが231,000円(税込)、「レジャー ナノ X バゲット ウォレットホルダー」のレザーケースタイプのゴールドとシルバーが各280,500円(税込)となる。

関連ニュース

FENDI、暗号資産ウォレットケース発表

GameStop、暗号資産ウォレット公開

野村HD、Ledger(レジャー)、CoinSharesが合弁会社で暗号資産(仮想通貨)カストディサービス「Komainu」開始

LVMH主導「Auraブロックチェーン」にメルセデスベンツ参画

ファッション業界のブロックチェーン活用、偽造品対策やエシカル消費への取り組み

この記事の著者・インタビューイ

呉心怡

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

合わせて読みたい記事

【12/5話題】博報堂とステイクが博報堂キースリー新設、ギャラクシーデジタルがカストディのGK8買収など(音声ニュース)

博報堂とアスター(ASTR)のステイク、ハッカソン企画・運営「博報堂キースリー」新設、ギャラクシーデジタル、カストディ企業GK8買収、みずほリサーチ&テクノロジーズとSBI R3 Japan、Datachainとクロスチェーン技術で連携開始、アリババクラウド、アバランチ(AVAX)開発インフラをサポート、オーケーコインジャパンがパレット(PLT)ステーキングサービス提供へ、バイナンスにweb3学習PFの「Hooked Protocol(HOOK)」がIEOで上場、イタリア、暗号資産への課税強化。税率26%へ=報道、ニア財団、南米大手食品加工「グルポ・ヌトレサ」と提携、体操界新時代エース「堀川倫太郎」、FiNANCiEでトークン発行、3×3バスケ「信州松本ダイナブラックス」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored