アスターネットワーク(ASTR)、AWSと連携し開発者支援へ

AstarがAWSの開発者サポート提供へ

日本発のパブリックブロックチェーン「Astar Network(アスターネットワーク)」が、アマゾンウェブサービス(AWS)と提携し、アスター上の開発者プログラム選定者に「AWSアクティビティ(AWS Activate)」を提供することが6月7日分かった。

具体的に「アスタービルダープログラム(Astar Builders Program)」と「アスターインキュベーションプログラム(Astar Incubation Program)」で選定されたプロジェクトの開発者に対して「AWSアクティビティ」が提供される。

「AWSアクティビティ」では、最大10万ドル(約1,300万円)分の「AWSクレジット」が提供される他、AWSのエンジニアや他の業界の専門家から技術的支援やマーケティングの支援なども与えられるとのことだ。

「アスタービルダープログラム」とはdApp(分散型アプリ)開発者を支援し、「ポルカドット(Polkadot)」エコシステムの開発と成長を加速させることを目的とする助成金制度だ。

また「アスターインキュベーションプログラム」は今年3月に米マイクロソフトと共同で立ち上げられたWeb3.0(分散型ウェブ)分野に取り組むスタートアップ企業を支援対象としたプログラム。

「アスターネットワーク」開発のステイクテクノロジーズCEO渡辺創太氏は「AWSとアスターネットワークのコラボレーションは、アスターと我々のハブを利用する開発者にとって素晴らしいタイミングとなりました。AWSアクティビティを利用することで、開発者が自信を持ってアプリケーションを構築することがより容易になります。このパートナーシップにより、どのようなイノベーションが生まれるか楽しみです」とコメントしている。

アスターネットワークは、異なるブロックチェーンの相互接続(インターオペラビリティ)を目指すプロジェクトであるポルカドットのパラチェーンとして昨年12月に接続し、1月17日にメインネットローンチしたブロックチェーンだ。
ポルカドットは中心的な機能を果たすリレーチェーンと、そのリレーチェーンに接続される個別のブロックチェーンであるパラチェーンによって構成されている。

ポルカドットリレーチェーンでは、スマートコントラクトをサポートしていない為、アスターはポルカドットへEVM(イーサリアムバーチャルマシン)やWASM(ウェブアッセンブリ)を提供することで、複数のブロックチェーンをサポートするマルチチェーンスマートコントラクトハブを目指している。

関連ニュース

ポルカドット、パラチェーン稼働開始。日本発「Astar Network」ら5プロジェクトが接続

Astar渡辺創太・Web3 Foundation大日方祐介登壇! 世界で活躍する起業家に訊く「web3」の今

【取材】日本発「Astar Network」が約425億円のDOTを集め、ポルカドット接続枠獲得

クリプトゲームスとアスター(ASTR)が提携、Dappsサービス今春ローンチ

【取材】AWSが「Ethereum on Amazon Managed Blockchain」を一般提供した背景

参考:Astar Network
デザイン:一本寿和
images:iStocks/krblokhin

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

呉心怡

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

合わせて読みたい記事

【8/10話題】Redditがアービトラムで独自ポイント、渋谷区が年内にデジタル地域通貨など(音声ニュース)

Reddit、L2アービトラムで独自ポイント発行へ。FTX Payでも利用可能に、渋谷区、デジタル地域通貨「ハチペイ」と「ハチポ」を年内開始へ、NFTミンティング「Fair. xyz」、OpenSeaらから約6億円調達、zkRollup技術開発のRyodan Systemsとフォアーが業務提携、分散型アプリ開発へ、米シティが暗号資産関連のリスクマネージャー募集、ステーブルコインなど新規プロダクト開発か、オーストラリア中銀、CBDCのユースケース調査へ、「USDC」と「USDT」、マージ後のPoWチェーン非対応。イーサ分岐問題でサークルとテザー表明

Sponsored

「USDC」と「USDT」、マージ後のPoWチェーン非対応。イーサ分岐問題でサークルとテザー表明

米ドルステーブルコイン「USD Coin(USDC)」 の発行元である米サークル(Circle Internet Financial)が、イーサリアム(Ethereum)の「マージ(The Merge)」後において、PoW(プルーフオブワーク)チェーンについてサポートせずPoSチェーンのみに対応する意向を8月9日表明した。

渋谷区、デジタル地域通貨「ハチペイ」と「ハチポ」を年内開始へ

東京都渋谷区でデジタル地域通貨「ハチペイ」と「ハチポ」が導入されることが分かった。この取り組みは渋谷区の「デジタル地域通貨事業」として年内に開始される予定だ。カヤック同事業をが受託し、ジェーシービー(JCB)、ポケットチェンジと協働し同事業の総合プロデュースを担うとのことだ。

zkRollup技術開発のRyodan Systemsとフォアーが業務提携、分散型アプリ開発へ

秘匿化やプライバシー技術に関連する「zkRollupプロトコル」の開発を行う「Ryodan Systems」とフォアーが、分散型アプリケーションレイヤーの構築のため、業務提携したことを発表した。フォアーはAI/ビッグデータ解析領域のアルゴリズムの開発と共に、多数の演算処理を同時に処理可能なベクトル型プロセッサの開発を行う日本企業。またRyodan Systemsはスイスを拠点に日本人開発者である日置玲於奈氏がCEOを務める企業だ。

米シティが暗号資産関連のリスクマネージャー募集、ステーブルコインなど新規プロダクト開発か

米金融大手シティグループ(Citigroup)が、新たに暗号資産(仮想通貨)関連の新規プロダクト等の開発を計画している可能性が浮上した。同社は現在、暗号資産(仮想通貨)関連のリスクマネージャーの募集を行っており、募集要項を確認するとその可能性が高いと考えられる。

【8/9話題】STEPNがLINE Blockchain上で開発へ、米財務省がトルネードキャッシュ制裁など(音声ニュース)

STEPNが「LINE Blockchain」上で開発へ、LINEがFind Satoshi Labと覚書締結、米財務省、暗号資産ミキシング企業を制裁へ。資金洗浄額は合計約9,444億円か、ソラナ(SOL)基盤の企業向けウォレット開発「Cashmere」、シードで約4.4億円調達、アバランチ「Coreウォレット」、全EVM互換チェーンに対応開始、ロビンフッドでアバランチ(AVAX)とステラルーメン(XLM)上場、ニアプロトコルが「JS SDK」公開、JAVAスクリプトで開発可能に

Sponsored