バイナンス、NEAR対応ウォレット「Sender Wallet」へ出資

暗号資産ウォレットSender Walletが資金調達

大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)が、NEAR Protocol(ニアプロトコル)基盤の暗号資産(仮想通貨)ウォレットであるセンダー・ウォレット(Sender Wallet)に出資したことが4月11日分かった。なお出資額については明らかになっていない。

発表によると今回の投資には、バイナンス(Binance)の投資部門であるバイナンス・ラボ(Binance Labs)の他、米VCのメタウェブ・ベンチャーズ(MetaWeb Ventures)が参加したとのことだ。

センダーは、分散型アプリケーションの開発促進を目的としたオープンソースプラットフォームであるニアプロトコルに対応した暗号資産ウォレットで、秘密鍵をユーザー自身で管理するノンカストディアル型となっている。

現在はクローム(Chrome)、ブレイブ(Brave)、エッジ(Edge)、キーウィ(Kiwi)といった4つの主要ブラウザをサポートし、ニアエコシステム全体のトッププロジェクトに統合している。

センダーは調達した資金をチームの開発とエコシステムチームの拡大に活用するとのこと。

またセンダーは今年第2四半期(4月〜6月)に「.nearアカウントを無料で作成するキャンペーンの開始」、「Ledgerなどハードウェアウォレットに対応」、「AndroidとiOS向けモバイルウォレットをリリース」、「オーロラや他のEVMチェーンに対応」、「NEARエコシステムのDAppsと統合」を予定していることも発表している。

バイナンスは今月、eスポーツのコミュニティゲーミング(Community Gaming)や「Move-and-Earn」プロジェクトのステップン(STEPN)、アクシーインフィニティ(Axie Infinity)運営のスカイメイビス(Sky Mavis)への出資も発表していた。

関連ニュース

NEAR Protocolが約433億円調達、タイガーグローバルやFTXらから

【動画解説】NEAR Protocol(NEAR)とは?

【取材】フラクトン、インドでのNEARプロトコルのアクセラレーションプログラムにパートナー企業として参加(Fracton Ventures 亀井聡彦)

【取材】バイナンスがSTEPNに投資、年内にソーシャル機能実装も

ブラックロックやフィデリティ、USDC発行元サークルへ4億ドル出資

参考:senderlabs
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Molnia

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【2/2話題】イーサのパブリックテストネットZhejiang公開、分散型データストレージシステムBNB Greenfieldなど(音声ニュース)

イーサリアム、ステーク出金機能対応のパブリックテストネット「Zhejiang」公開、BNBチェーン、分散型データストレージシステム「BNB Greenfield」発表、コンセンシス、無料web3学習プラットフォーム「MetaMask Learn」提供開始、c0ban取引所が業務再開、エクシアから独立しCoin Masterとして、欧州投資銀行、ポンド建てデジタル債券発行へ、暗号資産ハッキング被害、昨年が過去最高の38億ドル、北朝鮮グループが主導か、分散型取引所Dexalot、アバランチ(AVAX)サブネットでローンチ、SUSHI TOPと「tofuNFT」のCOINJINJAが業務提携、LINE NFT、物件仲介手数料が0.5ヶ月分になるNFT「サクラノスマイ」発売へ、クロスチェーン通信プロトコル「レイヤーゼロ」、重大な脆弱性の指摘を否定、フットサルチーム「ポルセイド浜田」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored