イーロンマスク、ツイッターの株式9.2%保有が明らかに

イーロンマスク、ツイッターの株式9.2%保有が明らかに

テスラ社のイーロン・マスク(Elon Mask)最高経営責任者(CEO)が、ツイッター社(Twitter)の株式を9.2%保有していることが、4月4日に提出された規制当局への報告書で明らかになった。報告書は「Schedule 13G」という報告形式で提出された。

3月下旬、シリコンバレーの億万長者であるイーロンマスクは、新しいソーシャルメディアプラットフォームの構築について「真剣に考えている」と語っていた。

これはマスク氏がオープンソースのアルゴリズムで構成され、言論の自由を優先し、プロパガンダが最小限のソーシャルメディアプラットフォームの構築を検討するかという、ツイッターユーザーの質問に答えた形となった。

マスク氏自身も、ツイッターのヘビーユーザーであり、最近、ソーシャルメディアプラットフォームとそのポリシーに批判的だ。彼は、ツイッター社が言論の自由の原則を守らず、民主主義を損なっていると述べている。

※この記事は「あたらしい経済」がロイターからライセンスを受けて編集加筆したものです
Reporting by Nivedita Balu in Bengaluru; Editing by Anil D’Silva
翻訳:竹田匡宏(あたらしい経済)
images:Reuters

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【5/22話題】車のサブスクKINTOが安全運転でNFT発行の実証実験、メルカリがイーサリアム取引サービス開始など

トヨタのサブスクKINTO、安全運転ドライバーにNFT(SBT)発行の実証実験、メルカリ、イーサリアム(ETH)取引サービス開始、イーサリアム現物ETF上場承認に期待、SECが取引所に申請書修正を要請、共和党トランプ陣営、複数の暗号資産で政治資金の寄付受け入れ開始、NTTデジタルが新プロジェクト「web3 Jam」立ち上げ、ブロックチェーン活用で円滑な企業連携めざす、ブラジル中央銀行、暗号資産規制について年末での提案を計画、ビットトレードにソラナ(SOL)上場へ、SBIホールディングス、ブロックチェーンノードサービス提供のChainstackへ出資