アディダスがブロックチェーンで「責任ある原材料調達」証明、TrusTrace活用し

アディダスがブロックチェーンソリューションで責任ある調達を証明

アディダス(adidas)が、ブロックチェーンを活用したトレーサビリティソリューションを採用していたことが分かった。これにより同社はサプライチェーンにおける透明性を確保し、「責任ある原材料調達」の証明が可能となる。

スウェーデンを拠点とするSaaS企業のトラストレイス(TrusTrace)は3月14日、材料単位のトレーサビリティをほぼリアルタイムで可能にするワンストップソリューション「トラストレイス・マテリアル・トレーサビリティ・アンド・コンプライアンス(TrusTrace Material Traceability & Compliance)」の提供開始を発表した。

この発表の中でトラストレイスは、このソリューションがすでにアディダスで活用されていることを明らかにした。

トラストレイスのトレーサビリティソリューションは、ファッションおよび小売業における製品トレーサビリティとサプライチェーンの透明性のため開発されたとのこと。

「原材料から完成品までの動きをマッピングし、ロットレベルでほぼリアルタイムのトレーサビリティを確立し、それらの商品のサステナビリティ指標を自動的に計算したいと考えるブランドは、私たちが実証済みのこのソリューションにより、それを手に入れることができます」とトラストレイスは述べている。

すでにこのソリューションを利用していたアディダスは、運用開始から4か月間で、8,000施設で1万点におよぶ素材と商品にわたる100万件以上の取引を扱ったとのこと。素材・商品のトレーサビリティの他にも、発注システムやサプライヤー管理システムなどと統合したことで手作業によるコストが最小限に抑えられたとのことだ。

これによりアディダスは、サイクルポリエステル100%移行や商品10点中9点に持続可能なテクノロジー、素材、デザイン、製造方法を採用するなどのサステナビリティに関する目標について、より透明性があるものにできるとのことだ。

関連ニュース

ファッション業界のブロックチェーン活用、偽造品対策やエシカル消費への取り組み

ディーゼル、実物ファッションアイテムとセットのNFTコレクション「D:VERSE」リリース

アディダス初のNFTコレクション「Into The Metaverse」、売上総額26億円で完売

アディダスとプラダ、3000枚の応募写真を1つのNFT作品に。参加者は永続的収益も

伊藤忠、天然ゴムのブロックチェーントレーサビリティ 「PROJECT TREE」商用展

参考:TrusTrace
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Skillerbayer・shironosov

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【9/26話題】アスターが日経新聞に全面広告、バイナンスが日本市場参入検討かなど(音声ニュース)

アスター(ASTR)が日経新聞に全面広告、企業ロゴ329社掲載「 #web3ならできる 」がトレンド入り、GMO Web3の新取締役にミスビットコイン藤本真衣、顧問には京大の首藤一幸やアスター渡辺創太が就任、バイナンス、日本市場参入検討か=報道、メタバースインフラ開発Hadean、Epic Gamesらから約43億円調達、DBS銀行、認定投資家の暗号資産取引を可能に、テザー「USDT」、ポルカドット(DOT)上に発行開始、フィナンシェ、スポーツ4団体に暗号資産発行やグローバル展開の総合的支援を開始

Sponsored

フィナンシェ、スポーツ4団体に暗号資産発行やグローバル展開の総合的支援を開始

NFT事業やファントークン発行プラットフォーム「FiNANCiE」を展開するフィナンシェが、同プラットフォームを利用するスポーツ団体に対して、ブロックチェーン上のトークン(暗号資産)発行とその後の流通、グローバル展開までの総合的な支援を開始したことを9月26日発表した

メタバースインフラ開発Hadean、Epic Gamesらから約43億円調達

メタバースのインフラを開発するハデーン(Hadean)が、シリーズAラウンドで3,000万ドル(約43億円)の資金調達実施を9月23日に発表した。同社は分散型クラウドコンピューティングのオープンプラットフォームとして、web3やメタバースを実現するためのインフラを開発している。なお現在同社は、マインクラフトやソニー、ゲームズコインなどと複数年契約を締結しているとのことだ。

【9/22話題】アスターがビットバンクに国内初上場、コインチェックがイーサリアムネームサービス取扱など(音声ニュース)

国内初、アスター(ASTR)がビットバンクに上場へ。日本市場に本格参入、Coincheck NFT(β版)、イーサリアムネームサービス(ENS)取扱いへ、野村HDがスイスで暗号資産事業等の新会社、web3領域企業に投資へ、香港金融管理局、リテール型CBDCのロードマップ発表、ディーカレットが「Amber Japan」に社名変更し、デジタル資産PF「WhaleFin」提供開始、OpenSeaが「オープンレアリティ」実装、NFTの希少性表示、ソラナ(SOL)のNFTマーケ「Magic Eden」、イーサリアムに対応、クラーケン、リキッドステーキングプロトコル「Liquid Collective」の開発に参加、FTXグローバル、ソラナのDeFi「Hubble Protocol(HBB)」取り扱いへ、THNDR Games、「ソリティア」でビットコインを稼げるスマホゲームリリース、コインベース、web3開発者向けに無料API「Node by Coinbase Cloud」公開、Boba Network、アバランチ(AVAX)初のL2スケーリングに採用、クラーケンCEOジェシー・パウエル氏が辞任、会長職に

Sponsored