米VCベッセマーが約300億円規模のWeb3ファンド発表、DAOもローンチ

米VCベッセマーが約300億円規模のWeb3ファンド発表

米サンフランシスコ本拠のベンチャーキャピタル(VC)ベッセマー・ベンチャー・パートナーズ(Bessemer Venture Partners)が、Web3特化の約300億円(2.5億ドル)規模のファンドと、DAO(自律分散型組織)である「BessemerDAO」を立ち上げたことが3月10日に分かった。

ファンドの投資対象は、マーケットプレイスやウォレットサービスなどWeb3インフラおよび分散型金融(DeFi)などだ。

発表では「世界的なWeb3ムーブメントから生まれたテクノロジーは、金融サービス、ゲーム、サイバーセキュリティ、芸術、エンターテイメントなど、さまざまな分野のレガシー産業を変革する可能性を秘めています」とWeb3領域のポテンシャルが説明されている。

また「BessemerDAO」は、Web3の起業家、クリエイターなどのコミュニティとのことだ。そして「BessemerDAO」の目標は、暗号資産コミュニティが新たな人材と出会い、プロダクト、ビジネス開発、トークノミクスに関するアイデアを交換し、暗号資産市場で起きているイノベーションを可視化し、最終的にはWeb3の大きなシフトとトレンドに手助けをすることだという。

「BessemerDAO」の発足メンバーには、ベッセマー・ベンチャー・パートナーズのメンバー以外に、ソラナ(Solana)のジョシュ・フリード(Josh Fried)氏、TRM Labsのエステバン・カスターニョ(Esteban Castano)氏などが参加しているとのことだ。

まずこのDAOは中央主権的に運営され、その後DAOの構成要素を分散化して、コミュニティをさらに発展させていく狙いがあるという。

なおこれまでにベッセマー・ベンチャー・パートナーズは、デジタル資産カストディ企業NYDIGやWeb3のリスクマネジメントツール提供企業のTRM Labs、ファンタジーフットボール企業のソーレア(Sorare)など9社の暗号資産関連へ出資をしてきている。

参考:Bessemer Venture Partners
images:iStocks/Aramyan・BadBrother

デザイン:一本寿和

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【4/17話題】アバランチ上にトークン化のホームエクイティローン、a16zが新ファンドで72億ドル調達など

米ホミウムが「ホームエクイティローン」をトークン化、Avalancheで発行、a16z、5つの新ファンドで72億ドル調達、オフチェーンラボ、新たな不正行為証明「Arbitrum BOLD」をテストネットローンチ、ペイパル、NFTの購入者と出品者を保護プログラムの対象外に、ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ、ドイツ連邦銀行とMIT、「中銀デジタル通貨」の共同研究

ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ

ソラナ(Solana)上の分散型取引所(DEX)「ドリフト(Drift)」の独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施とその割り当て数が公開された。「ドリフト」のDAO(自立分散型組織)「ドリフトDAO財団(Drift DAO Foundation)」が4月16日発表した。なおエアドロップの実施日については明らかになっていない