女子プロレスの動画NFTを検討、ブシロードとSHOWROOM提携で

ブシロードとSHOWROOMが女子プロレスの動画アーカイブNFT化を検討

ブシロードとSHOWROOMが、協業の第一弾として女子プロレス団体「スターダム」の動画アーカイブのNFT化を検討していることが3月1日分かった。

ブシロードはアニメ、ゲーム、音楽、イベント、MDなど様々な事業展開を行うIPディベロッパー。またSHOWROOMはライブ配信ストリーミングプラットフォーム「SHOWROOM」や、短尺映像の配信バーティカルシアターアプリ「smash.(スマッシュ)」などのサービスを運営している企業だ。

今回の取り組みに際し、ブシロードはSHOWROOMから第三者割当増資を引き受け資本業務提携を行った。今後両社は共同で新たなデジタル領域のビジネスやIPの創出を目指すとしている。なお調達額は発表されていない。

SHOWROOMの代表取締役社長である前田裕二氏は今回の提携について『まず具体的には、女子プロレス団体「スターダム」様との連動からスタートさせていただきますが、他にも共同IP開発、オーディション、新規のビジネスモデル開発など、一つ一つ、成功事例を積み上げてシナジーを証明して参ります』とコメントしている。

SHOWROOMは昨年5月、運営するバーチャルタレントプロジェクト「AVATAR2.0 Project」に所属するVTuber13名のサイン付きNFTトレカを販売している。このNFTトレカは、ブロックチェーンゲーム・NFTサービスの開発を行うCryptoGames(クリプトゲームス)株式会社運営の「NFTstudio」にて販売されていた。 

NFTとは

「NFT(Non Fungible Token:ノンファンジブル・トークン)」とは、代替が不可能なブロックチェーン上で発行されたトークンを指す。NFTの規格で発行されたトークンは、そのトークン1つ1つで個別の価値を持つ。そのためNFTを画像や映像などのデジタルデータと紐付けることで、デジタルデータの個別の価値を表現することに活用されている。

なおNFTという言葉は現在幅広く活用されており、活用するブロックチェーンやマーケットプレイスの種類によって、その機能や表現できる価値が異なる可能性があることには留意が必要だ。

関連ニュース

クリプトゲームス、SHOWROOMの「AVATAR2.0 Project」所属VTuberのサイン付きNFTトレカ販売

WWEがプロレスラー「ジ・アンダーテイカー」のNFTを販売

デザイン:一本寿和
images:iStocks/SasinParaksa

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【12/7話題】メタマスクがインフラのユーザーデータ保存短縮、StrikeのアフリカへのLN送金など(音声ニュース)

メタマスク、「インフラ」のユーザーデータ保存を7日に短縮、Strike、ビットコインライトニングでアフリカ諸国への送金サービス「Send Globally」ローンチ、EVM互換の国産ブロックチェーン「Japan Open Chain」、IEOに向けフォビジャパンと覚書締結、バイナンスが「Ape NFT」ステーキング提供へ、「BAYC」など対象でApeCoin獲得可能に、米ワーナーミュージックとポリゴンとLGNDが提携、「LGND Music」ローンチへ、スイスSEBA銀行と香港HashKeyが提携、経産省、NFTとメタバース活用の実証事業を実施へ、コインベースジャパンにテゾス(XTZ)上場、米コインベース、「MultiversX(EGLD)」上場へ

Sponsored

ゴールドマンサックス、評価額低迷する暗号資産企業の投資や買収を計画中。FTX崩壊を好機に

FTXの破綻により、暗号資産(仮想通貨)関連企業の評価額が低下し、投資家の関心が薄れている。 そしてその現状を踏まえ、世界有数の投資銀行であるゴールドマン・サックスは、数千万ドルを投じて暗号資産関連企業を買収または投資する計画を示した。