暗号資産特化VCのエレクトリックキャピタル、約1,100億円を調達

暗号資産特化VCのエレクトリックキャピタル、約1,100億円を調達

暗号資産(仮想通貨)特化のベンチャーキャピタル(VC)であるエレクトリック・キャピタル(Electric Capital)が、約1,100億円(10億ドル)の資金を調達したことが3月2日に分かった。

これまでエレクトリック・キャピタルは、暗号資産取引所、レイヤー1プロトコル、DeFi(分散型金融)プロトコル、NFT、DAOなどに投資を行なっている。具体的には、Bitwise、Kraken、dydx、GITCOIN、Immunefi、NEAR、DFINITYなどだ。

また発表で、エレクトリック・キャピタルはWeb3における5つの重要なトレンドを挙げている。その5つはDAO、NFTs、DeFi、分散型インフラ、良いUXのアプリケーションとしている。

DAOに関する具体的なビジネスアイデアとして、ガバナンスのアグリゲーター、リクルーティングプラットフォーム、トレジャリーマネジメントが説明されている。そしてNFTに関しては、NFTの価格決定メカニズム、NFTのデリバティブ取引や物理アイテムとNFTのブリッジ機能などが挙げられている。

昨年からVCの暗号資産領域への視線は熱い。暗号資産領域に積極的なアンドリーセン・ホロウィッツ(a16z)は昨年6月に約2,400億円を調達し、パラダイム(Paradigm)は昨年11月に約2,800億円を調達した。そしてセコイア・キャピタル(Sequia Capital)も、暗号資産に特化した「セコイア・クリプト・ファンド(The Sequoia Crypto Fund)」を今年の2月に約600億円規模で立ち上げた。

参考:エレクトリック・キャピタル
デザイン:一本寿和
images:iStocks/TaiChesco・BadBrother

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【12/7話題】メタマスクがインフラのユーザーデータ保存短縮、StrikeのアフリカへのLN送金など(音声ニュース)

メタマスク、「インフラ」のユーザーデータ保存を7日に短縮、Strike、ビットコインライトニングでアフリカ諸国への送金サービス「Send Globally」ローンチ、EVM互換の国産ブロックチェーン「Japan Open Chain」、IEOに向けフォビジャパンと覚書締結、バイナンスが「Ape NFT」ステーキング提供へ、「BAYC」など対象でApeCoin獲得可能に、米ワーナーミュージックとポリゴンとLGNDが提携、「LGND Music」ローンチへ、スイスSEBA銀行と香港HashKeyが提携、経産省、NFTとメタバース活用の実証事業を実施へ、コインベースジャパンにテゾス(XTZ)上場、米コインベース、「MultiversX(EGLD)」上場へ

Sponsored

ゴールドマンサックス、評価額低迷する暗号資産企業の投資や買収を計画中。FTX崩壊を好機に

FTXの破綻により、暗号資産(仮想通貨)関連企業の評価額が低下し、投資家の関心が薄れている。 そしてその現状を踏まえ、世界有数の投資銀行であるゴールドマン・サックスは、数千万ドルを投じて暗号資産関連企業を買収または投資する計画を示した。