暗号資産特化VCのエレクトリックキャピタル、約1,100億円を調達

暗号資産特化VCのエレクトリックキャピタル、約1,100億円を調達

暗号資産(仮想通貨)特化のベンチャーキャピタル(VC)であるエレクトリック・キャピタル(Electric Capital)が、約1,100億円(10億ドル)の資金を調達したことが3月2日に分かった。

これまでエレクトリック・キャピタルは、暗号資産取引所、レイヤー1プロトコル、DeFi(分散型金融)プロトコル、NFT、DAOなどに投資を行なっている。具体的には、Bitwise、Kraken、dydx、GITCOIN、Immunefi、NEAR、DFINITYなどだ。

また発表で、エレクトリック・キャピタルはWeb3における5つの重要なトレンドを挙げている。その5つはDAO、NFTs、DeFi、分散型インフラ、良いUXのアプリケーションとしている。

DAOに関する具体的なビジネスアイデアとして、ガバナンスのアグリゲーター、リクルーティングプラットフォーム、トレジャリーマネジメントが説明されている。そしてNFTに関しては、NFTの価格決定メカニズム、NFTのデリバティブ取引や物理アイテムとNFTのブリッジ機能などが挙げられている。

昨年からVCの暗号資産領域への視線は熱い。暗号資産領域に積極的なアンドリーセン・ホロウィッツ(a16z)は昨年6月に約2,400億円を調達し、パラダイム(Paradigm)は昨年11月に約2,800億円を調達した。そしてセコイア・キャピタル(Sequia Capital)も、暗号資産に特化した「セコイア・クリプト・ファンド(The Sequoia Crypto Fund)」を今年の2月に約600億円規模で立ち上げた。

参考:エレクトリック・キャピタル
デザイン:一本寿和
images:iStocks/TaiChesco・BadBrother

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【5/22話題】車のサブスクKINTOが安全運転でNFT発行の実証実験、メルカリがイーサリアム取引サービス開始など

トヨタのサブスクKINTO、安全運転ドライバーにNFT(SBT)発行の実証実験、メルカリ、イーサリアム(ETH)取引サービス開始、イーサリアム現物ETF上場承認に期待、SECが取引所に申請書修正を要請、共和党トランプ陣営、複数の暗号資産で政治資金の寄付受け入れ開始、NTTデジタルが新プロジェクト「web3 Jam」立ち上げ、ブロックチェーン活用で円滑な企業連携めざす、ブラジル中央銀行、暗号資産規制について年末での提案を計画、ビットトレードにソラナ(SOL)上場へ、SBIホールディングス、ブロックチェーンノードサービス提供のChainstackへ出資