【取材追記】ビットバンクがライトニングネットワーク関連アプリ「NLoop」発表、取引所での入出金実装も検討へ

ビットバンクがライトニングネットワーク関連アプリ「NLoop」発表

暗号資産(仮想通貨)取引所を運営するビットバンクが、ビットコインのライトニングネットワーク(Lightning Network)を安定して使用するためのソフトウェア「NLoop(エヌループ)」を2月16日に発表した。

ライトニングネットワークとは、決済速度を向上させ、取引手数料を安価にし、少額決済に対応させる、ビットコインブロックチェーンのオフチェーン・スケーリングソリューションだ。

「NLoop」はネットワークの参加者が boltz-backend や Lightning Loop などの世界の様々なリクイディティプロバイダ(流動性提供者)に接続して、チャンネルを常に使用可能な状態に保つ処理を行うことを自動化するアプリケーションとのこと。

ライトニングネットワークを普及させていく上で課題となっている流動性不足に対するソリューションとして機能するという。  

同社の発表によると、ライトニングネットワークにおいて、リクイディティプロバイダとのやり取りを自動化するアプリケーションは国内で初の事例となるようだ。

同社が運営する暗号資産取引所bitbank において、 ライトニングネットワークを活用した入出金の実装の検討を進めていくとのこと。

ライトニングネットワークを活用することで、よりスムーズな入出金を可能にし、裁定取引(アービトラージ)などにおける利便性を高めるだけでなく、少額決済など様々な送金需要に対応した機能性を実現することができると同社は発表している。

ビットバンクのシステム部門Platform部クリプトチームの宮本丈氏は次のようにコメントしている。

「インターネットにInternet Service Provider (ISP)が存在するように、インターネットオブマネーであるビットコインには、ライトニングネットワークへの接続を担保するLightning Service Provider(LSP)という主体が必要になります。現在『暗号資産取引所』と呼ばれれているものの多くは、近い将来LSP になると私は考えています。本ソフトウェアは、弊社がその過程を歩むための第一歩です」

以下2022.2.16 13:30追記

あたらしい経済編集部はビットバンクの代表取締役社長である廣末紀之氏へ次の質問を行った。

経営者・事業家として、ライトニングネットワークにはどのような可能性を感じているのでしょうか?

廣末氏:Lightning Networkはビットコインの持つ価値保存機能だけでなく、決済機能を実現するために欠かせない技術であり、ビットコインはLightning Networkの実装による拡張を経て、いよいよそのポテンシャルが開花するものと考えます。

私どもビットバンクは2015年に発表されたLightning Network WhitePaperに感銘を受け、以降、本技術に対する研究開発を継続しておりますが、現在、Lightning Networkはnode(ノード)数、チャネル数、キャパシティなど順調に拡大しており、本格的な実用化が着々と進展している状況です。

ビットバンクは、今後も本技術に対する研究開発を継続し、関連アプリケーションの提案を通じて、ビットコインの発展に貢献していきたいと考えています。

関連記事

→ビットコインのライトニングネットワーク、その重要性は?(ビットバンク「NLoop」開発者 宮本丈)

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【8/10話題】Redditがアービトラムで独自ポイント、渋谷区が年内にデジタル地域通貨など(音声ニュース)

Reddit、L2アービトラムで独自ポイント発行へ。FTX Payでも利用可能に、渋谷区、デジタル地域通貨「ハチペイ」と「ハチポ」を年内開始へ、NFTミンティング「Fair. xyz」、OpenSeaらから約6億円調達、zkRollup技術開発のRyodan Systemsとフォアーが業務提携、分散型アプリ開発へ、米シティが暗号資産関連のリスクマネージャー募集、ステーブルコインなど新規プロダクト開発か、オーストラリア中銀、CBDCのユースケース調査へ、「USDC」と「USDT」、マージ後のPoWチェーン非対応。イーサ分岐問題でサークルとテザー表明

Sponsored

「USDC」と「USDT」、マージ後のPoWチェーン非対応。イーサ分岐問題でサークルとテザー表明

米ドルステーブルコイン「USD Coin(USDC)」 の発行元である米サークル(Circle Internet Financial)が、イーサリアム(Ethereum)の「マージ(The Merge)」後において、PoW(プルーフオブワーク)チェーンについてサポートせずPoSチェーンのみに対応する意向を8月9日表明した。

渋谷区、デジタル地域通貨「ハチペイ」と「ハチポ」を年内開始へ

東京都渋谷区でデジタル地域通貨「ハチペイ」と「ハチポ」が導入されることが分かった。この取り組みは渋谷区の「デジタル地域通貨事業」として年内に開始される予定だ。カヤック同事業をが受託し、ジェーシービー(JCB)、ポケットチェンジと協働し同事業の総合プロデュースを担うとのことだ。

zkRollup技術開発のRyodan Systemsとフォアーが業務提携、分散型アプリ開発へ

秘匿化やプライバシー技術に関連する「zkRollupプロトコル」の開発を行う「Ryodan Systems」とフォアーが、分散型アプリケーションレイヤーの構築のため、業務提携したことを発表した。フォアーはAI/ビッグデータ解析領域のアルゴリズムの開発と共に、多数の演算処理を同時に処理可能なベクトル型プロセッサの開発を行う日本企業。またRyodan Systemsはスイスを拠点に日本人開発者である日置玲於奈氏がCEOを務める企業だ。

米シティが暗号資産関連のリスクマネージャー募集、ステーブルコインなど新規プロダクト開発か

米金融大手シティグループ(Citigroup)が、新たに暗号資産(仮想通貨)関連の新規プロダクト等の開発を計画している可能性が浮上した。同社は現在、暗号資産(仮想通貨)関連のリスクマネージャーの募集を行っており、募集要項を確認するとその可能性が高いと考えられる。

【8/9話題】STEPNがLINE Blockchain上で開発へ、米財務省がトルネードキャッシュ制裁など(音声ニュース)

STEPNが「LINE Blockchain」上で開発へ、LINEがFind Satoshi Labと覚書締結、米財務省、暗号資産ミキシング企業を制裁へ。資金洗浄額は合計約9,444億円か、ソラナ(SOL)基盤の企業向けウォレット開発「Cashmere」、シードで約4.4億円調達、アバランチ「Coreウォレット」、全EVM互換チェーンに対応開始、ロビンフッドでアバランチ(AVAX)とステラルーメン(XLM)上場、ニアプロトコルが「JS SDK」公開、JAVAスクリプトで開発可能に

Sponsored