コインチェック、対象者へ暗号資産シンボル(XYM)付与を2月16日に決定

コインチェックがXYM付与を2月16日に決定

国内暗号資産(仮想通貨)取引所コインチェック(Coincheck)が、暗号資産シンボル:Symbol(XYM:ジム)の付与を2月16日に実施することが分かった。

昨年10月の発表では「2021年度中(2022年3月まで)」の実施とされていたが、今回実施日程か決定した。なお付与はユーザーの取引アカウントにされるとのことだ。

付与対象者については、2021年3月12日 13:26に(スナップショット時点)でCoincheckのアカウントに暗号資産ネム:NEM(XEM)を保有していたユーザーのうち、22年2月16日の付与時点で通常通りCoincheckが利用できるユーザーとなっている。

またスナップショット時点で「貸し暗号資産サービス」でネムを貸出中、または貸出申請中だった場合や同サービスのアカウントにネムを保有していた場合、暗号資産積み立てサービス「Coincheckつみたて」にネムを積み立てしていた場合も対象に含まれるとのとこだ。

発表によると付与の他、コインチェックが提供する「貸し暗号資産サービス」でシンボルの取り扱いを開始するとのこと。またシンボルの送金機能の提供も行われるとのことだ。

シンボル(XYM)とは

シンボルは、2021年3月にネムのブロックチェーンの大型アップデート「カタパルト」によって誕生したブロックチェーン「Symbol(シンボル)」のネイティブ通貨である。現在のXYMの時価総額は約1,836億円となっている(コインマーケットキャップ2月14日調べ)。

ネムとシンボルは違うプラットフォームのため、ネム保有者には「オプトイン」と呼ばれる制度によってネム保有量と同量のシンボルが付与される権利があり、今年の3月12日13:26にネムの保有者を対象に行われた「スナップショット」時点のネム保有量に対し、同数のシンボルが付与される予定となっていた。

海外の取引所などでは対象者にシンボルが付与されているところが多く、国内でも今年5月にZaif Exchange(ザイフ)がいち早くシンボルの取り扱いと付与を行い、続いて取り扱いを発表したサクラエクスチェンジ、GMOコインもシンボルの付与を実施している。

またビットフライヤーは「2022年3月中に実施する予定」としている他、今年1月よりシンボル取り扱い開始したフォビジャパンとDMM Bitcoinについては、付与予定としながらも現状具体的な日程などの詳細は発表していない。

関連ニュース

コインチェックがシンボル(XYM)付与時期を発表、来年3月までを予定

ビットフライヤー、対象者へ暗号資産シンボル(XYM)付与を来年3月実施へ

GMOコイン、対象者への暗号資産シンボル(XYM)付与を10月20日実施

【解説】シンボル(XYM)のキプロス実装と、ネム(XEM)のハーロックとは? 何が変わる?(Symbol NEMコミュニティ トレスト氏)

【10分解説】NEM(ネム)、Symbol(シンボル)とは?(CauchyE代表 木村優)

参考:コインチェック
デザイン:一本寿和
images:iStocks/dalebor

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【9/26話題】アスターが日経新聞に全面広告、バイナンスが日本市場参入検討かなど(音声ニュース)

アスター(ASTR)が日経新聞に全面広告、企業ロゴ329社掲載「 #web3ならできる 」がトレンド入り、GMO Web3の新取締役にミスビットコイン藤本真衣、顧問には京大の首藤一幸やアスター渡辺創太が就任、バイナンス、日本市場参入検討か=報道、メタバースインフラ開発Hadean、Epic Gamesらから約43億円調達、DBS銀行、認定投資家の暗号資産取引を可能に、テザー「USDT」、ポルカドット(DOT)上に発行開始、フィナンシェ、スポーツ4団体に暗号資産発行やグローバル展開の総合的支援を開始

Sponsored

フィナンシェ、スポーツ4団体に暗号資産発行やグローバル展開の総合的支援を開始

NFT事業やファントークン発行プラットフォーム「FiNANCiE」を展開するフィナンシェが、同プラットフォームを利用するスポーツ団体に対して、ブロックチェーン上のトークン(暗号資産)発行とその後の流通、グローバル展開までの総合的な支援を開始したことを9月26日発表した

メタバースインフラ開発Hadean、Epic Gamesらから約43億円調達

メタバースのインフラを開発するハデーン(Hadean)が、シリーズAラウンドで3,000万ドル(約43億円)の資金調達実施を9月23日に発表した。同社は分散型クラウドコンピューティングのオープンプラットフォームとして、web3やメタバースを実現するためのインフラを開発している。なお現在同社は、マインクラフトやソニー、ゲームズコインなどと複数年契約を締結しているとのことだ。

【9/22話題】アスターがビットバンクに国内初上場、コインチェックがイーサリアムネームサービス取扱など(音声ニュース)

国内初、アスター(ASTR)がビットバンクに上場へ。日本市場に本格参入、Coincheck NFT(β版)、イーサリアムネームサービス(ENS)取扱いへ、野村HDがスイスで暗号資産事業等の新会社、web3領域企業に投資へ、香港金融管理局、リテール型CBDCのロードマップ発表、ディーカレットが「Amber Japan」に社名変更し、デジタル資産PF「WhaleFin」提供開始、OpenSeaが「オープンレアリティ」実装、NFTの希少性表示、ソラナ(SOL)のNFTマーケ「Magic Eden」、イーサリアムに対応、クラーケン、リキッドステーキングプロトコル「Liquid Collective」の開発に参加、FTXグローバル、ソラナのDeFi「Hubble Protocol(HBB)」取り扱いへ、THNDR Games、「ソリティア」でビットコインを稼げるスマホゲームリリース、コインベース、web3開発者向けに無料API「Node by Coinbase Cloud」公開、Boba Network、アバランチ(AVAX)初のL2スケーリングに採用、クラーケンCEOジェシー・パウエル氏が辞任、会長職に

Sponsored