グッチ、「The Sandbox」のバーチャルな土地「LAND」取得

GUCCIが「LAND」取得

イタリアのラグジュアリーブランドであるグッチ(Gucci)が、NFT活用のメタバースゲームを開発する「The Sandbox(サンドボックス)」のバーチャルな土地である「LAND(ランド)」を取得したことが2月10日に分かった。なお取得価格については明らかになっていない。

グッチが取得した「LAND」上には「グッチヴォールト(GucciVault)」と称されるブランドが展開されるようだ。Discordに開設されている「グッチヴォールト」のチャンネルを確認すると、「グッチヴォールト」ではメタバース関連のファッションやNFTを販売する仮想店舗となるようだ。

なお以前グッチは、オンラインゲーミングプラットフォーム「ロブロックス(Roblox)」に、メタバース空間「グッチガーデン(GucciGarden)」も開設していた。

企業の「LAND」の取得事例としては、昨年12月のコンサルティングファームPwC香港の購入などがある。

「The Sandbox」には著名人の参入も進んでおり、ラッパーのスヌープ・ドッグ(Snoop Dogg)が「The Sandbox」の中に彼の邸宅のデジタル・レプリカを作成している。そしてアディダス(adidas)も同様にadidasロゴの土地「adiVerse」を作成している。

また「The Sandbox」は昨年11月にソフトバンクの「Vision Fund 2」を中心とした投資家から約105億円(9,300万ドル)を調達したことを明らかにしている。

関連ニュース

PwC香港、「The Sandbox」のバーチャルな土地「LAND」取得

グッチ、SUPERPLASTICとのコラボNFT「SUPERGUCCI」リリース

参考:Twitter
デザイン:一本寿和
images:iStocks/massimofusaro・Svetlana-Borovkova

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【4/17話題】アバランチ上にトークン化のホームエクイティローン、a16zが新ファンドで72億ドル調達など

米ホミウムが「ホームエクイティローン」をトークン化、Avalancheで発行、a16z、5つの新ファンドで72億ドル調達、オフチェーンラボ、新たな不正行為証明「Arbitrum BOLD」をテストネットローンチ、ペイパル、NFTの購入者と出品者を保護プログラムの対象外に、ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ、ドイツ連邦銀行とMIT、「中銀デジタル通貨」の共同研究

ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ

ソラナ(Solana)上の分散型取引所(DEX)「ドリフト(Drift)」の独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施とその割り当て数が公開された。「ドリフト」のDAO(自立分散型組織)「ドリフトDAO財団(Drift DAO Foundation)」が4月16日発表した。なおエアドロップの実施日については明らかになっていない