ツイッターがビットコイン決済サービス企業へ出資、OpenNodeが約23億円調達

OpenNodeが約23億円調達

ビットコインの決済プロダクトを開発するオープンノード(OpenNode)が、シリーズAラウンドで約23億円(2000万ドル)を調達したことが2月8日に分かった。

同社の企業評価額は約250億円(2億2000万ドル)になった。 ちなみにEコマースプラットフォームのショッピファイ(Shopify)や、資産運用企業フィデリティ(Fidelity)らが、オープンノードの決済ソリューションを採用している。

また昨年8月にオープンノードはニュースレター配信プラットフォームの米サブスタック(Substack)と提携し、ビットコインの決済ソリューションを提供している。

今回のシリーズAラウンドは、キングスウェイキャピタル(Kingsway Capital)が主導し、ツイッター(Twitter)、ティムドレイパー(Tim Draper)、フィデリティインベストメント(Fidelity Investments)のベンチャーキャピタルファンドであるアヴォンベンチャーズ(Avon Ventures)が参加したとのことだ。

調達した資金は、サービスの拡大とチームの成長のために活用していくとのことだ。また今後数週間から数ヶ月の間に、オープンノードはビットコイン決済の大幅な普及を促進するための新たなプロダクト機能、パートナーシップ、顧客を発表していく予定という。

オープンノードの戦略責任者を務めるジョシュ・ヘルド(Josh Held)氏は、次のようにコメントしている。

「オープンノードは長い間、ビットコインとライトニングネットワークを利用した決済の可能性を信じてきました。そして現在、その需要は飛躍的に伸びています。この2年間、チームは今日世界で最も大きなブランドや企業をサポートするソリューションの構築に頭を悩ませてきました。今回のシリーズA資金調達は、ビットコイン決済をシンプルでどこでも誰でも利用できるものにするという当社のミッションを実現するための、次のステップとなります」

参考:OpenNode
images:iStocks/rtacet・ChrisGorgio・LongQuattro
デザイン:一本寿和

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【5/17話題】スラッシュがSlash Vプリカ SHOP開始、SECのSAB121覆す決議案が可決など

スラッシュが「Slash Vプリカ SHOP」開始、暗号資産でVプリカ購入可能に、米上院、SECの暗号資産会計ルール「SAB121」を覆す決議案を可決、インド証券取引委員会、暗号資産取引の監督に前向き、準備銀行とは対照的に、仏証券監督当局、投資家にBybitの無登録営業を警告、KuCoin、ナイジェリアの規制準拠に向け一部サービスを停止、米CME、ビットコイン現物取引の提供検討か=報道、リップル、「XRP Ledger」をコスモスのインターチェーンに接続、マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと、DTCC、大手銀行らとファンドのトークン化推進する「Smart NAV」の実証実験完了。チェーンリンク活用で

︎マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと

決済大手の米マスターカード(Mastercard)が、スタンダードチャータード銀行香港(Standard Chartered Hong Kong:SCBHK)及びその関連会社と、顧客預金およびカーボンクレジットのトークン化における試験的な概念実証(proof-of-concept pilot:PoC pilot)の完了を5月14日発表した