DeFi Alliance、Web3支援のため「Alliance DAO」設立へ

DeFi Alliance、Web3支援のため「Alliance DAO」設立へ

「DeFi Alliance」が、Web3スタートアップへの支援のための「Alliance DAO」を設立する予定であることが分かった。「DeFi Alliance」は、Web3のユーザーを2025年までに10億人にすることを目標とした複数の企業やプロジェクトで構成された団体であり、ファンド設立やインキュベーションプロジェクトなどを実施している。

「DeFi Alliance」はCMTDIGITAL、CUMBERRLAND、JumpCapital、coinbaseで構成されており、またアクセラレーションのメンターにはPolygon CPOのSandeep Nailwal、Dapper Labs創業者のRoham Gharegozlou、ParadigmのDaniel DobiinsonおよびCompoundのJake Chervinskyなどがいる。

これまでに「DeFi Alliance」は、時価総額上位100のDeFiプロジェクトの15%を含む、90以上のプロジェクトをアクセラレートしてきた実績を持つ。

その中には、0x、Alpha Finance、dYdX、KyberNetworks、Olympus DAO、Paraswap、Ribbon Finance、Sushiswap、Synthetix、Zerionなどがある。

そして今回の「Alliance DAO」には300以上のコントリビューター(貢献者)が、DAOとその初期ラウンドに参加し、合計約55億円(5,000万ドル)を拠出しているとのことだ。コントリビューターは開発者、VC、プロトコルなどに分けられている。

コントリビューターには、YoutubeのプロダクトVPのChristion Oestlien、Twitchの創業者Kevin Lin、Sushiの創業者0xMaki、Axie Infinityの創業者Aleksander Larsen、Coinlistの創業者Andy Bromberg、Geminiの創業者Cameron & Winklevoss、Messariの創業者Dan McArdle、OpenSeaの創業者 Devin Finzer、Circleの創業者Jeremy Allaire、The Block創業者Mike Dudas、Dapper Labsの創業者Roham Gharegozlou、BlockFiの創業者Zac Prince、gumi cryptos capitalのGP Miko Matsumura、Avalanche、Solana、Chainlink、Polygon、Flowなど合計300以上が存在している。

そして今後数ヶ月のうちに、「Alliance DAO」がどのように統治・運営され、どのようなサービスを提供するかに関するドキュメントが公開される予定とのことだ。

参考:DeFi Alliance
デザイン:一本寿和
images:iStocks/msan10

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【3/4話題】コインチェックとFanplaがIEOの契約締結、ブラックロックのビットコインETFの運用資産総額100億ドルなど

コインチェックとFanplaがIEOに向けた契約締結、Emooteが発行体パートナーに、ブラックロックの現物ビットコインETF「IBIT」、運用資産総額100億ドルを突破、イーサL2「Taiko」、シリーズAで1500万ドル調達、クリプトガレージ、法人向け「SETTLENET CUSTODY」でETHステーキング提供開始、ナイジェリア、バイナンスに100億ドルの罰金課したとの報道を否定、ソラナのDePINプロジェクト「io. net」、コミュニティ報酬プログラム開始、StarkWare、超高速暗号化証明システム「Stwo」をオープンソース化

ブラックロックの現物ビットコインETF「IBIT」、運用資産総額100億ドルを突破

ブラックロックの現物ビットコインETF「iシェアーズ・ビットコイン・トラスト(iShares Bitcoin Trust:IBIT)」が、2月29日に運用資産100億ドル(約1.5兆円)に達した。ブルームバーグのアナリストであるエリック・バルチュナス(Eric Balchunas)氏が自身のXアカウントから3月1日報告している