DeFi Alliance、Web3支援のため「Alliance DAO」設立へ

DeFi Alliance、Web3支援のため「Alliance DAO」設立へ

「DeFi Alliance」が、Web3スタートアップへの支援のための「Alliance DAO」を設立する予定であることが分かった。「DeFi Alliance」は、Web3のユーザーを2025年までに10億人にすることを目標とした複数の企業やプロジェクトで構成された団体であり、ファンド設立やインキュベーションプロジェクトなどを実施している。

「DeFi Alliance」はCMTDIGITAL、CUMBERRLAND、JumpCapital、coinbaseで構成されており、またアクセラレーションのメンターにはPolygon CPOのSandeep Nailwal、Dapper Labs創業者のRoham Gharegozlou、ParadigmのDaniel DobiinsonおよびCompoundのJake Chervinskyなどがいる。

これまでに「DeFi Alliance」は、時価総額上位100のDeFiプロジェクトの15%を含む、90以上のプロジェクトをアクセラレートしてきた実績を持つ。

その中には、0x、Alpha Finance、dYdX、KyberNetworks、Olympus DAO、Paraswap、Ribbon Finance、Sushiswap、Synthetix、Zerionなどがある。

そして今回の「Alliance DAO」には300以上のコントリビューター(貢献者)が、DAOとその初期ラウンドに参加し、合計約55億円(5,000万ドル)を拠出しているとのことだ。コントリビューターは開発者、VC、プロトコルなどに分けられている。

コントリビューターには、YoutubeのプロダクトVPのChristion Oestlien、Twitchの創業者Kevin Lin、Sushiの創業者0xMaki、Axie Infinityの創業者Aleksander Larsen、Coinlistの創業者Andy Bromberg、Geminiの創業者Cameron & Winklevoss、Messariの創業者Dan McArdle、OpenSeaの創業者 Devin Finzer、Circleの創業者Jeremy Allaire、The Block創業者Mike Dudas、Dapper Labsの創業者Roham Gharegozlou、BlockFiの創業者Zac Prince、gumi cryptos capitalのGP Miko Matsumura、Avalanche、Solana、Chainlink、Polygon、Flowなど合計300以上が存在している。

そして今後数ヶ月のうちに、「Alliance DAO」がどのように統治・運営され、どのようなサービスを提供するかに関するドキュメントが公開される予定とのことだ。

参考:DeFi Alliance
デザイン:一本寿和
images:iStocks/msan10

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【5/20話題】FTX USが株式取引ベータ版提供、DEVプロトコルと社寺建築の翠雲堂が提携など(音声ニュース)

FTX USが株式取引ベータ版提供、米ドルステーブルコインUSDCにも対応、【取材】「寺DAO」で暗号資産調達、DEVプロトコルと社寺建築の翠雲堂が提携、web3ゲーム企業AzraGames、a16z主導シードラウンドで約19.2億円調達、ジャミロクワイがメタバース進出、「The Sandbox」と提携、ブラジルサッカー「ECバイーア」、チリーズ「Socios. com」でファントークン発行へ、朝日印刷らがブロックチェーンで医薬品を追跡管理、Hyperledger Fabric採用

Sponsored