Web3領域特化の「Kraken Ventures」、約73億円を調達

「Kraken Ventures」、約73億円を調達

暗号資産(仮想通貨)取引所クラーケン(Kraken)の元従業員が主導するWeb3ファンド「クラーケンベンチャーズ(Kraken Ventures)」にて、約73億円(6500万ドル)の資金調達をしたことが12月17日に分かった。ちなみにファンド立ち上げの発表は今年の2月に行っていた。

「クラーケンベンチャーズ」は暗号資産とフィンテック領域におけるスタートアップ企業やプロトコルを対象にした投資ファンドで、Krakenや機関投資家らが資金提供を行なった。発表によれば「クラーケンベンチャーズ」は独立系ファンドの立て付けで運営されていくとのことだ。

クラーケンベンチャーズの代表であるブランドン・ガス(Brandon Gath)氏は、次のようにコメントをしている。

「1号ファンドを無事にクローズできたことを大変嬉しく思っています。私たちの投資に対する長期的な視点と、真にグローバルでスケーラブルなプラットフォームの構築におけるクラーケンの経験を活用する可能性が、投資家から圧倒的な関心を得ることにつながったのは間違いありません。私たちは今この資金を有効に活用し、最も革新的なプロジェクトとその非常に優秀な創業者が、企業やプロトコルの開発を加速させるのを支援することに重点を置いています」

参考:プレスリリース
デザイン:一本寿和
images:iStocks/LuckyStep48

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【12/2話題】ストライプの法定通貨から暗号資産への変換ツール、アップルがコインベースのNFT送信機能停止など(音声ニュース)

米ストライプ、法定通貨から暗号資産への変換ツール「Link」提供開始、アップル、コインベースウォレットのNFT送信機能を停止、国内初、アクシーインフィニティ(AXS)がビットバンクに上場へ、アバランチのDEX「Trader Joe」、イーサL2「Arbitrum」にマルチチェーン対応へ、フレアネットワーク、FLRのエアドロップ日程を発表、英金融インフラ大手「TP ICAP」、機関投資家向け暗号資産取引所の認可取得、FTX Japan、サービス復旧へ向けた取組み報告、ユニスワップにNFTアグリゲーター機能、GenieユーザーにUSDCエアドロップも、米クラーケン、市場低迷で1100人を一時解雇、フォビとポロニエックス、戦略的パートナーシップ発表、SBペイメントサービスとモノバンドル、NFT決済インフラ「Hokusai Payment」提供開始

Sponsored

アバランチのDEX「Trader Joe」、イーサL2「Arbitrum」にマルチチェーン対応へ

アバランチ(Avalanche)ブロックチェーン上で稼働するDEX(分散型取引所)プロトコルのトレーダージョー(Trader Joe)が、初のマルチチェーン展開としてイーサリアム(Ethereum)のレイヤー2スケーリングソリューションのアービトラム(Arbitrum)に対応することを12月1日発表した