米Arca、約35億円規模NFT特化ファンド立ち上げ

米Arca、約35億円規模NFT特化ファンド立ち上げ

資産運用会社のアーカ(Arca)がNFTに特化した約35億円(3,000万ドル)規模のファンドを立ち上げたことが、SEC(米国証券取引委員会)への申請書により11月24日に明らかになった。

ファンド名は「Arca NFT Fund」でファンドの形式はヘッジファンドで申請されている。

またこのファンドを率いるのはアーカのポートフォリオマネージャーであるサーシャ・フリーシュマン(Sasha Fleyshman)氏のようだ。

なお申請書類によれば、11月15日にファンドへの投資募集を開始して以来、すでに68の投資家から約13億円(1,140万ドル)を調達しているようだ。なお最低投資価格は約1,200万円(10万ドル)となっている。

なおアーカは10月に暗号資産関連ファンド「アーカエンデバーファンド(Arca Endeavor Fund)」を立ち上げ、約33億円を調達していた。このファンドはDeFi、ゲーム、Web3.0やNFTなどブロックチェーン技術に関する幅広い領域に投資を行うことを目的としている。

参考:SEC(米国証券取引委員会)
デザイン:一本寿和
images:iStocks/BadBrother・artacet・peshkov

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【11/25話題】バイナンスの暗号資産業界復興ファンド、ロシアが国営暗号資産取引所設立かなど(音声ニュース)

バイナンスが暗号資産業界復興ファンド(IRI)に10億ドル拠出、ポリゴン(Matic)、アニモカ、アプトス(APT)らも参加予定、証券監督者国際機構IOSCO、FTX崩壊は暗号資産規制前進のきっかけに、ロシア、国営の暗号資産取引所設立を計画か=報道、APE発行の「ApeCoin DAO」、BAYC関連専用マーケットプレイス「ApeCoin marketplace」ローンチ、富士通ブロックチェーンPF開発基盤「Fujitsu Track and Trust」が世界展開、セトルミントと提携、スタークウェア開発のプログラミング言語「Cairo」、最新版がオープンソースに、イーサリアム、ステークされたETHの引き出し機能搭載の開発者向けネットワークリリース、スキー場で開場前から滑れる権利のNFT、東急不動産とハッシュパレット「ニセコパウダートークン」、職人文化の継承×伝統工芸ブランド創出「WAKONプロジェクト」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored

APE発行の「ApeCoin DAO」、BAYC関連専用マーケットプレイス「ApeCoin marketplace」ローンチ

暗号資産(仮想通貨)エイプコイン(APE)発行元のApeCoin DAOが、BAYC(Bored Ape Yacht Club)関連専用マーケットプレイス「エイプコインマーケットプレイス(ApeCoin marketplace)」をローンチした。このマーケットプレイスを構築したスナッグスソリューションズ(snagsolutions)の創設者が1、1月24日に発表した。