アバランチ、220億円超のファンド「Blizzard」立ち上げ

アバランチ、220億円超のファンド「Blizzard」立ち上げ

アバランチ財団(Avalanche Foundation)が2億ドル(約220億円)超えるファンド「ブリザード(Blizzard)」をローンチしたことが11月1日分かった。

「ブリザード」は、パブリックブロックチェーン・アバランチ(Avalanche )を利用するプロジェクト構築者などに資金を投じ、エコシステム全体を促進することを目的としているとのこと。主にDeFi(分散型金融)、エンタープライズ向けアプリケーション、NFT、カルチャーアプリケーションの成長分野に焦点を当てているとのことだ。またセキュリティトークンの発行や流動性プロバイダー、自己主権型アイデンティティなど、その他の新たなユースケースをサポートする機会も探していくとしている。

「ブリザード」の投資家には、アバランチを運営するアバランチ財団と開発元のアバラボ(Ava Labs)の他、ポリチェーンキャピタル(Polychain Capital)、スリーアロウズキャピタル(Three Arrows Capital)、ドラゴンフライキャピタル(Dragonfly Capital)、CMSホールディングス(CMS Holdings)、リパブリックキャピタル(Republic Capital)、Rクリプトファンド(R/Crypto Fund)、コラボプラスカレンシー(Collab+Currency)、ルナキャピタル(Lvna Capital)、ファイナリティキャピタルパートナー(Finality Capital Partners)などが参加しているとのこと。

アバランチはDeFi環境の構築やツール開発が行えるプラットフォームとして、2020年9月にメインネットをローンチしている。現在アバランチ上にはテザー(Tether)、スシスワップ(SushiSwap)、チェーンリンク(Chainlink)、サークル(Circle)、ザ・グラフ(The Graph)などの主要なDeFiプロジェクトを含む320以上の分散型金融(DeFi)プロトコルが存在しており、1000以上のバリデータノードがトークンをステークしているとのことだ。

関連ニュース

パブリックブロックチェーン「Avaranche」運営のアバランチ財団、約250億円調達

参考:アバランチ
デザイン:一本寿和
images:iStocks/BadBrother

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【12/5話題】博報堂とステイクが博報堂キースリー新設、ギャラクシーデジタルがカストディのGK8買収など(音声ニュース)

博報堂とアスター(ASTR)のステイク、ハッカソン企画・運営「博報堂キースリー」新設、ギャラクシーデジタル、カストディ企業GK8買収、みずほリサーチ&テクノロジーズとSBI R3 Japan、Datachainとクロスチェーン技術で連携開始、アリババクラウド、アバランチ(AVAX)開発インフラをサポート、オーケーコインジャパンがパレット(PLT)ステーキングサービス提供へ、バイナンスにweb3学習PFの「Hooked Protocol(HOOK)」がIEOで上場、イタリア、暗号資産への課税強化。税率26%へ=報道、ニア財団、南米大手食品加工「グルポ・ヌトレサ」と提携、体操界新時代エース「堀川倫太郎」、FiNANCiEでトークン発行、3×3バスケ「信州松本ダイナブラックス」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored