ディズニーがNFTコレクション、「Disney+」のプロモーションとして

ディズニーがNFTコレクション、「Disney+」のプロモーションとして

NFT企業のヴェヴェ(Veve)が、ディズニーキャラクターを含むNFTコレクション「ゴールデンモーメント(Golden Moments)」を提供することが10月27日に分かった。

このNFTコレクションは「Disney+」のプロモーションの一環として行われるとのことだ。

「ゴールデンモーメント」は、ディズニー、ピクサー(トイ・ストーリー、カーズ、ニモ、インクレディブル)、マーベル(スパイダーマン)およびスター・ウォーズのキャラクターから構成されるとのこと。

また「ゴールデンモーメント」は11月12日よりヴェヴェのアプリ上で配信される予定とのことだ。ただ具体的にディズニーのどのキャラクターがNFTになるかは明らかになっていない。

そして発表によれば「Disney+」に未登録のユーザーが「ゴールデンモーメント」を購入した場合、3ヶ月間は無料で「Disney+」を利用できる可能性もあるとのことだ。

ヴェヴェはこれまで007、マーベル、星の王子様など数多くの著名IPのNFT発行を手掛けてきている。

また5月にはイーサリアムのレイヤー2ソリューションを提供するiMMUTABLE Xとの提携も発表している。

参考:ヴェヴェ
デザイン:一本寿和
images:iStocks/vi73777・Zeferli・sumkinn

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

ビットフライヤーが「エルフトークン(ELF)」付与実施、延期翌日にロックアップ契約締結で

2月21日に延期が発表されていた「エルフトークン(ELF)」の抽選・決済・付与について、翌22日より順次実施開始された。国内暗号資産(仮想通貨)取引所ビットフライヤー(bitFlyer)が2月22日発表した。なお「ELF」付与実施において、国内IEOで初となる「ロックアップ契約」を締結したとのこと。ロックアップとは、一定期間トークンを売却できない状態にすること。売り圧(売却による価格の急落リスク)を対策する手段となっている