米SECが「ビットコイン先物ETF」を初承認、取引所で18日から取扱へ

米SECが「ビットコイン先物ETF」初承認

米国証券取引委員会(SEC)が、ビットコイン先物ETF(上場投資信託)の取り扱いを承認したことが10月15日に分かった。

承認されたビットコイン先物ETFは、ProShares(プロシェアーズ)の「ProShares Bitcoin Strategy ETF」だ。このETFはビットコインの現物価格に直接連動するものではなく、先物契約の価格に連動するもの。またこのETFは、JPMorganが保管者(カストディアン)と管理者(アドミニストレイター)の役割を担う。

「ProShares Bitcoin Strategy ETF」は18日にティッカーシンボル「$BITO」で、ニューヨーク証券取引所のArca(NYSE Arca)で取り扱い開始される予定とのことだ。

さらに「Valkyrie Bitcoin Strategy ETF」も承認間近であることが分かっている。このETFを取り扱う予定のナスダック(NASDAQ)が上場と登録の承認を終えたことを15日に明かした。

これまで数年間、複数社のビットコインETFの申請が却下されてきたが、いよいよ今回初の承認となる。現在カナダやブラジル、ドバイではすでにビットコインETFが承認され取引されているが、米国で承認された意味合いは大きい。

これらの報道を受けて、ビットコイン価格は米ドル建てで6万ドルを突破した。さらに16日午前6時ごろには、日本円建てでは1BTCが700万円を突破し、過去最高値を記録した。

(image/iStock:Lubo-Ivanko・LongQuattro)

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【3/5話題】ビットコイン1000万円突破、テザー「USDT」の流通量1000億ドル突破など

ビットコイン1000万円突破、対ドルでも史上最高値69,000ドルに肉薄、テザー社発行の米ドルステーブルコイン「USDT」、流通量1000億ドル突破、米SEC、ブラックロックの「イーサリアム現物ETF」上場の可否判断を再度延期、ソニー銀行がドル建てのデジタル証券募集へ、セキュリタイズ提供基盤でクオーラム採用、マイクロストラテジーが変換社債で6億ドルの資金調達へ、ビットコイン買い増す意向、韓国の個人情報保護委員会、ワールドコイン(WLD)の調査開始、台湾FSC、9月にデジタル資産市場規制の新法案提案へ=報道、米裁判所、「流通市場での特定の暗号資産取引は有価証券取引にあたる」との見方示す、国内初、Zaifに「スケブコイン(SKEB)」上場へ、Wormhole、ネイティブトークン転送のための新フレームワーク発表、ハッシュパレット、「CryptoNinja Party!」サービス終了へ