米SECが「ビットコイン先物ETF」を初承認、取引所で18日から取扱へ

米SECが「ビットコイン先物ETF」初承認

米国証券取引委員会(SEC)が、ビットコイン先物ETF(上場投資信託)の取り扱いを承認したことが10月15日に分かった。

承認されたビットコイン先物ETFは、ProShares(プロシェアーズ)の「ProShares Bitcoin Strategy ETF」だ。このETFはビットコインの現物価格に直接連動するものではなく、先物契約の価格に連動するもの。またこのETFは、JPMorganが保管者(カストディアン)と管理者(アドミニストレイター)の役割を担う。

「ProShares Bitcoin Strategy ETF」は18日にティッカーシンボル「$BITO」で、ニューヨーク証券取引所のArca(NYSE Arca)で取り扱い開始される予定とのことだ。

さらに「Valkyrie Bitcoin Strategy ETF」も承認間近であることが分かっている。このETFを取り扱う予定のナスダック(NASDAQ)が上場と登録の承認を終えたことを15日に明かした。

これまで数年間、複数社のビットコインETFの申請が却下されてきたが、いよいよ今回初の承認となる。現在カナダやブラジル、ドバイではすでにビットコインETFが承認され取引されているが、米国で承認された意味合いは大きい。

これらの報道を受けて、ビットコイン価格は米ドル建てで6万ドルを突破した。さらに16日午前6時ごろには、日本円建てでは1BTCが700万円を突破し、過去最高値を記録した。

(image/iStock:Lubo-Ivanko・LongQuattro)

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【9/26話題】アスターが日経新聞に全面広告、バイナンスが日本市場参入検討かなど(音声ニュース)

アスター(ASTR)が日経新聞に全面広告、企業ロゴ329社掲載「 #web3ならできる 」がトレンド入り、GMO Web3の新取締役にミスビットコイン藤本真衣、顧問には京大の首藤一幸やアスター渡辺創太が就任、バイナンス、日本市場参入検討か=報道、メタバースインフラ開発Hadean、Epic Gamesらから約43億円調達、DBS銀行、認定投資家の暗号資産取引を可能に、テザー「USDT」、ポルカドット(DOT)上に発行開始、フィナンシェ、スポーツ4団体に暗号資産発行やグローバル展開の総合的支援を開始

Sponsored

フィナンシェ、スポーツ4団体に暗号資産発行やグローバル展開の総合的支援を開始

NFT事業やファントークン発行プラットフォーム「FiNANCiE」を展開するフィナンシェが、同プラットフォームを利用するスポーツ団体に対して、ブロックチェーン上のトークン(暗号資産)発行とその後の流通、グローバル展開までの総合的な支援を開始したことを9月26日発表した

メタバースインフラ開発Hadean、Epic Gamesらから約43億円調達

メタバースのインフラを開発するハデーン(Hadean)が、シリーズAラウンドで3,000万ドル(約43億円)の資金調達実施を9月23日に発表した。同社は分散型クラウドコンピューティングのオープンプラットフォームとして、web3やメタバースを実現するためのインフラを開発している。なお現在同社は、マインクラフトやソニー、ゲームズコインなどと複数年契約を締結しているとのことだ。