【取材】クラーケンジャパンで暗号資産の米ドル・ユーロ建て取引が可能に、法定通貨同士の取引も

クラーケン・ジャパンが暗号資産の米ドル・ユーロ建て取引を可能に

米暗号資産(仮想通貨)取引所クラーケン(Kraken)の日本法人であるクラーケン・ジャパン(Kraken Japan)が、日本国内の暗号資産取引の通貨ペアに米ドルとユーロを10月13日(本日)より追加したことを発表した。

また日本円と米ドルとユーロおよび米ドルとユーロの法定通貨同士の交換も可能にした。

米ドルとユーロでの取引ペア追加により、クラーケン・ジャパンでは次の取引ペアが可能となる。

米ドル建ての取引
ビットコイン(BTC) / 米ドル(USD)、イーサリアム(ETH) / 米ドル(USD) 、 リップル(XRP) / 米ドル(USD) 、 ライトコイン(LTC) / 米ドル(USD) 、ビットコインキャッシュ(BCH) / 米ドル(USD)

ユーロ建ての取引
ビットコイン(BTC) / ユーロ(EUR)、イーサリアム(ETH)/ ユーロ(EUR)、リップル(XRP)/ ユーロ(EUR)、ライトコイン(LTC)/ ユーロ(EUR)、ビットコインキャッシュ(BCH)/ ユーロ(EUR)

そして法定通貨の入出金に関しては、現在は日本円のみに対応しているとのことだ。米ドルとユーロでの入出金はできない。

またクラーケン・ジャパンは、グローバルで提供するサービスは日本でも提供することを目指す方針を発表で示しており、将来的に米ドルとユーロの入出金も実現するかもしれないと考えられる。

クラーケン・ジャパン代表の千野剛司氏へ取材

あたらしい経済編集部はクラーケン・ジャパン代表の千野剛司氏へ取材を行った。

−日本で米ドル・ユーロ建ての取引を開始しようと思った理由はなんでしょうか?

クラーケンは、日本で交換業登録したのは昨年の9月ですが、グローバルでは2011年7月に設立しおり、今年10周年を迎えた老舗の取引所です。

とりわけ米国と欧州の市場では多くのトレーダーに支持をいただいた結果、現在、米ドルとユーロ建て取引の流動性は世界最高水準となっています。

また、クラーケンは、ユーロ建て取引の取引高で世界最大の取引所となっております。昨年末から続く強気相場は欧米の投資家が主導しています。

本日より、日本のお客様は、クラーケンの米ドルとユーロ建て取引を通じて、現在の仮想通貨市場の中心とも言えるグローバルでの取引に直接参加できるようになります。

−他国の通貨を導入し、過去に成功した事例はありますでしょうか?

日本市場を取り巻く事情と他国の事情を比べることは難しいので、単純な比較は難しいと思っております。

現在、クラーケンでは、グローバルで7つの法定通貨をサポートし、90以上の仮想通貨を上場しています。日本におきましても、グローバルとの「プロダクト・パリティ」、つまりグローバルで提供するサービスは可能な限り全て日本でも提供することを目指しています。

今回の米ドルとユーロ建て取引もこうしたプロダクト・パリティの一環として位置付けています。

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【12/2話題】ストライプの法定通貨から暗号資産への変換ツール、アップルがコインベースのNFT送信機能停止など(音声ニュース)

米ストライプ、法定通貨から暗号資産への変換ツール「Link」提供開始、アップル、コインベースウォレットのNFT送信機能を停止、国内初、アクシーインフィニティ(AXS)がビットバンクに上場へ、アバランチのDEX「Trader Joe」、イーサL2「Arbitrum」にマルチチェーン対応へ、フレアネットワーク、FLRのエアドロップ日程を発表、英金融インフラ大手「TP ICAP」、機関投資家向け暗号資産取引所の認可取得、FTX Japan、サービス復旧へ向けた取組み報告、ユニスワップにNFTアグリゲーター機能、GenieユーザーにUSDCエアドロップも、米クラーケン、市場低迷で1100人を一時解雇、フォビとポロニエックス、戦略的パートナーシップ発表、SBペイメントサービスとモノバンドル、NFT決済インフラ「Hokusai Payment」提供開始

Sponsored

アバランチのDEX「Trader Joe」、イーサL2「Arbitrum」にマルチチェーン対応へ

アバランチ(Avalanche)ブロックチェーン上で稼働するDEX(分散型取引所)プロトコルのトレーダージョー(Trader Joe)が、初のマルチチェーン展開としてイーサリアム(Ethereum)のレイヤー2スケーリングソリューションのアービトラム(Arbitrum)に対応することを12月1日発表した