マイニング企業グリーニッジが第3四半期業績発表、58億円相当の暗号資産保有も明らかに

マイニング企業グリーニッジが第3四半期業績発表

ナスダック上場のマイニング企業グリーニッジ・ジェネレーション・ホールディングス(Greenidge Generation Holdings)が第3四半期の業績に関する報告書を10月4日に公開した。

報告書によるとグリーニッジは2021年7月1日から9月30日までの3か月間でビットコインを729BTC(約40億円)をマイニングしたとのこと。また現在同社は合計で1.2EH/sのハッシュレートを持つ15,300台のマイニングマシンを運用しているとのことだ。

グリーニッジの第3四半期の収益は36億円~41億円程度、純損失は19億円から21億円程度、EBITDAは20億円~24億円程度になる見込みとのこと。なお同社によると、損失の大部分は今年3月から9月にかけて行われたサポートドットコム(Support.com)との合併によるものとのことだ。

グリーニッジは第3四半期終了時点で約58億円相当の暗号資産を保有しているとのことだ。

グリーニッジは、ナスダック上場企業のサポートドットコムとの合併を通じて、9月にナスダック上場企業となった企業だ。グリーニッジは元々はニューヨークを拠点とする火力発電所であり、2019年からはその発電所で生成された電力を利用してビットコインのマイニング事業にも参入している。

またナスダックに上場しているマイニング企業としてライオット・ブロックチェーン(Riot Blockchain)やマラソン・パテント・グループ(Marathon Patent Group)、ビットフューリー(Bitfury)のマイニング事業子会社のサイファーマイニング(Cipher Mining Inc)、ハイブ・ブロックチェーン(Hive Blockchain)などがある。

参考:Greenidge
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Samuil_Levich

この記事の著者・インタビューイ

小俣淳平

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

合わせて読みたい記事

【9/30話題】バイナンスがETHWのマイニングプール提供、ワーナーミュージックとオープンシー提携など(音声ニュース)

バイナンスがPoW版イーサリアム「ETHW」のマイニングプール提供開始、1か月は無料で、ワーナーミュージックとオープンシー提携、Music NFTプロデュースへ、メタマスク、暗号資産やNFT一覧表示機能「Portfolio Dapp」β版を公開、DG Daiwa Venturesがアフリカ暗号資産取引所「Yellow Card」へ出資、Polychainらと、ビットポイントがIOSTのネットワークノード参加、ステーキングサービスも今後展開へ、アバランチ(AVAX)活用の再保険「Re」、シードラウンドで約20億円調達、共和党議員ら米国個人年金制度(401k)の投資先拡大する法案提出、暗号資産も対象に、米ブラックロック、欧州でブロックチェーン関連企業ETF発売、USDCのサークル、決済システム企業エレメンツ買収、暗号資産決済の簡略化目指す、BISやイスラエル・ノルウェー・スウェーデンの中銀、CBDC調査プロジェクト開始、フェイスブックとインスタの「NFT投稿機能」全米ユーザー利用可能に、クロス投稿も、FTXグローバル、「Synapse (SYN)」取り扱いへ、バイナンス、ニュージーランドで「金融サービス提供ライセンス」取得、フラクトン、ファイルコイン(FIL)開発のプロトコルラボと協業、京都府丹後にコミュニティ通貨「コッペ」導入、カヤック「まちのコイン」活用で、日本ガイシとリコー、BC活用の電力デジタルサービス事業化で合弁会社設立へ、Bリーグ所属3チームがFiNANCiEでNFT配布、岩手ビッグブルズ・佐賀バルーナーズ・鹿児島レブナイズ、堤幸彦、本広克行、佐藤祐市の「SUPER SAPIENSS」、ジェネレーティブNFT販売へ

Sponsored