マイニング企業グリーニッジが第3四半期業績発表、58億円相当の暗号資産保有も明らかに

マイニング企業グリーニッジが第3四半期業績発表

ナスダック上場のマイニング企業グリーニッジ・ジェネレーション・ホールディングス(Greenidge Generation Holdings)が第3四半期の業績に関する報告書を10月4日に公開した。

報告書によるとグリーニッジは2021年7月1日から9月30日までの3か月間でビットコインを729BTC(約40億円)をマイニングしたとのこと。また現在同社は合計で1.2EH/sのハッシュレートを持つ15,300台のマイニングマシンを運用しているとのことだ。

グリーニッジの第3四半期の収益は36億円~41億円程度、純損失は19億円から21億円程度、EBITDAは20億円~24億円程度になる見込みとのこと。なお同社によると、損失の大部分は今年3月から9月にかけて行われたサポートドットコム(Support.com)との合併によるものとのことだ。

グリーニッジは第3四半期終了時点で約58億円相当の暗号資産を保有しているとのことだ。

グリーニッジは、ナスダック上場企業のサポートドットコムとの合併を通じて、9月にナスダック上場企業となった企業だ。グリーニッジは元々はニューヨークを拠点とする火力発電所であり、2019年からはその発電所で生成された電力を利用してビットコインのマイニング事業にも参入している。

またナスダックに上場しているマイニング企業としてライオット・ブロックチェーン(Riot Blockchain)やマラソン・パテント・グループ(Marathon Patent Group)、ビットフューリー(Bitfury)のマイニング事業子会社のサイファーマイニング(Cipher Mining Inc)、ハイブ・ブロックチェーン(Hive Blockchain)などがある。

参考:Greenidge
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Samuil_Levich

この記事の著者・インタビューイ

小俣淳平

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

合わせて読みたい記事

【4/12話題】ワールドコインのユーザー数が1000万人、メルカリのビットコイン取引サービス利用者数200万人など

ワールドコイン(WLD)、「World App」ユーザー数が1000万人突破、メルカリのビットコイン(BTC)取引サービス、利用者数200万人突破。サービス開始1年で、米サークル、ブラックロックのトークン化ファンド「BUIDL」を「USDC」に交換可能に、川崎重工とSettleMint、ブロックチェーン活用による品質管理の実証実験、GMOコイン、レバレッジ取引に6銘柄追加。ソラナ(SOL)やコスモス(ATOM)など、米ドルステーブルコイン「FDUSD」、Sui(SUI)上にローンチ、Bitfinex Securities、ヒルトンホテルへの資金提供としてエルサルバドル初のトークン化債券を導入、バイナンス、米当局と和解後にコンプライアンス遵守へ向け注力、新CEO語る、a16z crypto、ゼロ知識証明を用いたソリューション「Jolt」リリース、米クラーケン、アイルランドとベルギーで「モネロ(XMR)」上場廃止へ