コインベースが15億ドル分の社債発行を計画

コインベースが15億ドル分の社債発行を計画

米ナスダック上場の暗号資産(仮想通貨)取引所コインベース(Coinbase)が、製品開発およびM&Aなどを目的として15億ドル(約1,650億円)分の社債を発行する意向であることを9月13日に発表した。

発表によると、債券の形式は2028年および2031年満期のシニア債(支払いの優先順位が高い債券)であり、募集形態は適格投資家などを対象とした私募となっている。

コインベースは今回の社債発行によって得られる資金の使い道を「製品開発への継続的な投資や、コインベースが将来的に必要とする可能性のある他の企業、製品、技術への投資や買収を含む、一般的な企業目的に使用する予定である」と説明している。

コインベースは今年5月にも12億5,000万ドル(約1,364億円)分の社債発行に向けて私募を行う予定であることを発表している。しかし、この私募についてのその後の情報は公表されていない。

関連ニュース

コインベース、約1,364億円の新株予約権付転換社債の私募発行を発表

コインベースの暗号資産貸付サービス、米SECが提訴の可能性

参考:Coinbase
デザイン:一本寿和
images:iStocks/AndreyPopov

この記事の著者・インタビューイ

小俣淳平

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

合わせて読みたい記事

【9/17の話題】アバランチ財団が約250億円調達、パレットトークン(PLT)がコインチェックでレンディングなど(音声ニュース)

パブリックブロックチェーン「Avaranche」運営のアバランチ財団、約250億円調達、パレットトークン(PLT)、コインチェックでレンディング可能に。また公式ウォレットでのステーキングも開始、コインチェック、IOST保有者へのDONエアドロップ非対応を発表、CryptoGames、「NFTStudio」にThe Graph導入、米マスターカードがNFTキャンペーン、ASローマのモウリーニョ監督との共同制作で、著名アーティストらが出資、分散型音楽配信サービス「Audius」が約52億円調達、みずほ銀と丸紅、ブロックチェーンでサプライチェーンファイナンス実施、Datachain、コルダとの異種ブロックチェーン相互接続モジュールをリリース、【取材】ブロックチェーンで魚を追跡、都内魚屋が「IBM Food Trust」活用、LINEのNFTマーケットプレイス、二次流通機能が本格開始、女子ラクロスチーム「NeO」、FiNANCiEでクラブトークン発行、チリーズのSocios. comがNBAゴールデンステイトウォリアーズと提携

米マスターカードがNFTキャンペーン、ASローマのモウリーニョ監督との共同制作で

マスターカード(Mastercard)が、NFTを制作することが9月16日にわかった。このNFTはマスターカードのグローバルアンバサダーで、著名サッカー監督のジョゼ・モウリーニョ(José Mourinho)氏との共同制作とのこと。ジョゼ・モウリーニョ氏は現在はイタリアセリエAのASローマの監督を務めている。