東京ハッシュ、暗号資産取引サービス提供開始

東京ハッシュ、暗号資産取引サービス提供開始

東京ハッシュ株式会社が、暗号資産(仮想通貨)取引サービスを開始したことが9月13日分かった。13日午前10時より口座開設申込の受付も開始している。

取り扱い暗号資産の銘柄は、ビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)となっており、最小注文単位は300万円、最大注文単位は5,000万円となっている。

東京ハッシュのサービスはオンラインで注文するような一般的な暗号資産取引所サービスとは異なり、オペレーターに対し電話で注文などを行う仕組みだ。注文受付は月曜日から金曜日の9時~16時とのこと。

最小注文金額も比較的高額で電話での対応とのことなので、シニア世代富裕層をターゲットにしているのかもしれない。

ただ暗号資産市場は24時間365日動いており、価格のボラティリティも大きい。特に短期の取引にはその価格変動にスピーディーな対応が求められる。取引時間の限られた東京ハッシュのサービスを利用する場合は、その点を留意する必要があるだろう。

なお東京ハッシュは、アジア地域でフィンテックおよびデジタルアセットマネジメント分野の事業展開しているハッシュキー・デジタル・アセット・グループ(HashKey Digital Asset Group)の日本法人だ。 2018年の設立後、暗号資産交換業に関連するサービス提供の準備を進めていた。2020年3月には国内の暗号資産交換業及び暗号資産関連デリバティブ取引業の自主規制団体である日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)に第二種会員として入会し、現在第一種会員となっている。

参考:東京ハッシュ
デザイン:一本寿和
images:iStocks/berya113

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【9/22の話題】GMOトラストとINXが提携、Internet Computer(ICP)がビットコインに接続予定など(音声ニュース)

GMOトラストとINXが提携、ステーブルコイン「GYEN」と「ZUSD」上場へ、DFINITY財団「Internet Computer(ICP)」、ビットコインへの接続予定を発表、米フィギュア、米国規制に準拠した形でデジタル証券取引を完了、暗号資産取引所「FTX」、利用制限の対象国に日本を追加、オーケーコインジャパンがIOST保有者へのDONエアドロップに対応、国内取引所で対応分かれる、バイナンス、オーストラリアで先物やオプションなどの取引停止へ、米オスプレイ、ポリゴン(Polygon/MATIC)の投資信託発表、オランダ投資銀行ABNアムロ、パクソスの決済ソリューションに参加、米コインベースが暗号資産貸付サービス提供を中止、【取材】芥川賞作家 上田岳弘、Loot系NFT「Obsession2020」をグラコネと発行、「福岡県ブロックチェーンフォーラム」11月15日開催、「NFT」と「トレーサビリティ」のセッション予定