徳島県鳴門市で日本初のNFT美術館設立、マーケットプレイス提供も

徳島県鳴門市で日本初のNFT美術館設立

徳島県鳴門市にある「鳴門ガレの森美術館」を管理運営する一般財団法人鳴門ガレの森美術館が、11月より美術館名を「NFT鳴門美術館」として再スタートすることを8月31日発表した。

なお一般財団法人鳴門ガレの森美術館は8月12日より「一般財団法人NFT鳴門美術館」と改称している。

発表によると「NFT鳴門美術館」の開設は日本国内における美術品及びアート作品のNFT化の普及を目的とするとのこと。

また一般財団法人NFT鳴門美術館は、美術品及びアート作品に関するNFTの発行、審査、販売、流通ができるNFTのマーケットプレイスを提供するという。

なおNFTの販売、流通に特化した美術館の設立は今回が日本初となるとのことだ。

参考:NFT鳴門美術館
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Thampapon

この記事の著者・インタビューイ

呉心怡

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

合わせて読みたい記事

【12/9の話題】JCBとDatachainがデジタル通貨相互交換の実証、PakのNFT「Merge」が約104億円で完売など(音声ニュース)

【取材】JCBとDatachain、ステーブルコインなどデジタル通貨相互交換に向け実証開始、PakのNFT「Merge」、合計約104億円で完売、Messari、DAOのアグリゲーターツール提供開始、バイナンスにBiconomy(BICO)上場、米コインベースプロ、イミュータブルX(IMX)やゴッズアンチェインド(GODS)など暗号資産6銘柄を新規上場、米ジェミナイ、コロンビア大手銀行の顧客に暗号資産取引サービス提供へ、フランスとスイスの中銀、CBDCクロスボーダー決済実験に成功、ブラジルサッカーのパルメイラス、チリーズのSocios. comでファントークン発行へ

Sponsored

【取材】JCBとDatachain、ステーブルコインなどデジタル通貨相互交換に向け実証開始

JCBとDatachain(データチェーン)が「デジタル通貨交換基盤」構築を見据え、異種ブロックチェーン間のインターオペラビリティ(相互運用性)に関する実証実験を開始したことが12月9日に分かった。両社は8月に異種分散型台帳間の相互接続についての共同研究を始めており、実証実験はその次の段階だと考えられる。