クオンがキャラクターNFTリリース、UUUMのマーケットプレイスHABETで

クオン、HABETでキャラクターNFTアートをリリース

キャラクターマーケティング企業クオン(QON)がNFTマーケットプレイスであるハビット(HABET)で、自社キャラクターのNFTアートを販売することを8月24日発表した。

ハビットはUUUMのグループ会社のFOROによって運営されたNFTマーケットプレイスであり、ユーザーは人やキャラクターのデジタルトレーディングNFTカードを発行、売買、閲覧することができるサービスだ。

今回販売されたキャラクターNFTは、クオンの人気キャラクターである「ベタックマ」と「うさぎゅーん!」が初めて公開された第一弾アニメスタンプをイラストアートに仕上げた作品となる。

ハビットの販売ページでは、「ベタックマ」と「うさぎゅーん!」それぞれ5種類のカードが各10,000円販売されており、記事執筆時点(8/25 14:20)では全て完売し、一部が購入者によって再出品されている。

ハビットのカードは株式会社IndieSquareが開発した次世代ブロックチェーン技術「HAZAMA」を活用し、NFT発行手数料は0円であり、クレジットカード決済(法定通貨)を使用するとのこと。またハビットは「Yahoo!ネット募金」と連携しており、プラットフォーム手数料の一部を寄付しているとのことだ。

参考:クオン、FORO株式会社(UUUMグループ会社)によるデジタルトレーディングカードのNFTマーケットプレイス「HABET(ハビット)」に自社キャラクターのNFTアートを販売開始

この記事の著者・インタビューイ

呉心怡

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

合わせて読みたい記事

バイナンスラボ、EigenLayerのリキッドリステーキングトークン(LRT)プロトコル「Renzo」に出資

バイナンスラボ(Binance Labs)が、アイゲンレイヤー(EigenLayer)のリキッドリステーキングトークン(LRT)プロトコル「レンゾ(Renzo)」へ出資したことを2月22日発表した。なおバイナンスラボは、大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)のベンチャーキャピタルおよびインキュベーション部門だ。今回の「レンゾ」への出資額については公表されていない

ビットフライヤーが「エルフトークン(ELF)」付与実施、延期翌日にロックアップ契約締結で

2月21日に延期が発表されていた「エルフトークン(ELF)」の抽選・決済・付与について、翌22日より順次実施開始された。国内暗号資産(仮想通貨)取引所ビットフライヤー(bitFlyer)が2月22日発表した。なお「ELF」付与実施において、国内IEOで初となる「ロックアップ契約」を締結したとのこと。ロックアップとは、一定期間トークンを売却できない状態にすること。売り圧(売却による価格の急落リスク)を対策する手段となっている