クオンがキャラクターNFTリリース、UUUMのマーケットプレイスHABETで

クオン、HABETでキャラクターNFTアートをリリース

キャラクターマーケティング企業クオン(QON)がNFTマーケットプレイスであるハビット(HABET)で、自社キャラクターのNFTアートを販売することを8月24日発表した。

ハビットはUUUMのグループ会社のFOROによって運営されたNFTマーケットプレイスであり、ユーザーは人やキャラクターのデジタルトレーディングNFTカードを発行、売買、閲覧することができるサービスだ。

今回販売されたキャラクターNFTは、クオンの人気キャラクターである「ベタックマ」と「うさぎゅーん!」が初めて公開された第一弾アニメスタンプをイラストアートに仕上げた作品となる。

ハビットの販売ページでは、「ベタックマ」と「うさぎゅーん!」それぞれ5種類のカードが各10,000円販売されており、記事執筆時点(8/25 14:20)では全て完売し、一部が購入者によって再出品されている。

ハビットのカードは株式会社IndieSquareが開発した次世代ブロックチェーン技術「HAZAMA」を活用し、NFT発行手数料は0円であり、クレジットカード決済(法定通貨)を使用するとのこと。またハビットは「Yahoo!ネット募金」と連携しており、プラットフォーム手数料の一部を寄付しているとのことだ。

参考:クオン、FORO株式会社(UUUMグループ会社)によるデジタルトレーディングカードのNFTマーケットプレイス「HABET(ハビット)」に自社キャラクターのNFTアートを販売開始

この記事の著者・インタビューイ

呉心怡

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

合わせて読みたい記事

【11/25話題】バイナンスの暗号資産業界復興ファンド、ロシアが国営暗号資産取引所設立かなど(音声ニュース)

バイナンスが暗号資産業界復興ファンド(IRI)に10億ドル拠出、ポリゴン(Matic)、アニモカ、アプトス(APT)らも参加予定、証券監督者国際機構IOSCO、FTX崩壊は暗号資産規制前進のきっかけに、ロシア、国営の暗号資産取引所設立を計画か=報道、APE発行の「ApeCoin DAO」、BAYC関連専用マーケットプレイス「ApeCoin marketplace」ローンチ、富士通ブロックチェーンPF開発基盤「Fujitsu Track and Trust」が世界展開、セトルミントと提携、スタークウェア開発のプログラミング言語「Cairo」、最新版がオープンソースに、イーサリアム、ステークされたETHの引き出し機能搭載の開発者向けネットワークリリース、スキー場で開場前から滑れる権利のNFT、東急不動産とハッシュパレット「ニセコパウダートークン」、職人文化の継承×伝統工芸ブランド創出「WAKONプロジェクト」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored

APE発行の「ApeCoin DAO」、BAYC関連専用マーケットプレイス「ApeCoin marketplace」ローンチ

暗号資産(仮想通貨)エイプコイン(APE)発行元のApeCoin DAOが、BAYC(Bored Ape Yacht Club)関連専用マーケットプレイス「エイプコインマーケットプレイス(ApeCoin marketplace)」をローンチした。このマーケットプレイスを構築したスナッグスソリューションズ(snagsolutions)の創設者が1、1月24日に発表した。