クオンがキャラクターNFTリリース、UUUMのマーケットプレイスHABETで

クオン、HABETでキャラクターNFTアートをリリース

キャラクターマーケティング企業クオン(QON)がNFTマーケットプレイスであるハビット(HABET)で、自社キャラクターのNFTアートを販売することを8月24日発表した。

ハビットはUUUMのグループ会社のFOROによって運営されたNFTマーケットプレイスであり、ユーザーは人やキャラクターのデジタルトレーディングNFTカードを発行、売買、閲覧することができるサービスだ。

今回販売されたキャラクターNFTは、クオンの人気キャラクターである「ベタックマ」と「うさぎゅーん!」が初めて公開された第一弾アニメスタンプをイラストアートに仕上げた作品となる。

ハビットの販売ページでは、「ベタックマ」と「うさぎゅーん!」それぞれ5種類のカードが各10,000円販売されており、記事執筆時点(8/25 14:20)では全て完売し、一部が購入者によって再出品されている。

ハビットのカードは株式会社IndieSquareが開発した次世代ブロックチェーン技術「HAZAMA」を活用し、NFT発行手数料は0円であり、クレジットカード決済(法定通貨)を使用するとのこと。またハビットは「Yahoo!ネット募金」と連携しており、プラットフォーム手数料の一部を寄付しているとのことだ。

参考:クオン、FORO株式会社(UUUMグループ会社)によるデジタルトレーディングカードのNFTマーケットプレイス「HABET(ハビット)」に自社キャラクターのNFTアートを販売開始

この記事の著者・インタビューイ

呉心怡

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

合わせて読みたい記事

【10/27の話題】アドビPhotoshopでNFTの真正性示す情報付与が可能に、テスラがBTC決済の再開の意向など(音声ニュース)

アドビ「Photoshop」でNFTの真正性示す情報付与が可能に、OpenSeaらNFTマーケットプレイスと提携、テスラ、ビットコイン決済の再開の意向を示す、【取材】電通国際情報サービスとKyuzan、NFTマーケットプレイス構築やメタバース活用に向け共同研究開始、【取材】暗号屋、NFT所有者だけがコンテンツを楽しめるメディアプロトコル「VWBL / ビュアブル」発表、米コインリストが約114億円調達、アジア利用者数も1年間で62倍に増加、セリエA「ナポリ」、チリーズ「Socios. com」でファントークン発行へ、グラファイトのサプライチェーンをブロックチェーンで、サーキュラーとアービックス

【10/26の話題】マスターカードとバックトがCaaS提供へ、ビットポイントがジャスミーとポルカドット上場など(音声ニュース)

マスターカードとバックト、銀行や企業に暗号資産サービス導入の「CaaS(Crypto-as-a-Service)」提供へ、約4兆円運用の韓国公的基金、来年からビットコインETFへ投資を計画か、【取材】ビットポイント、ジャスミー(JMY)を国内初上場、ポルカドット(DOT)も、1921点の重要文化財をNFT化へ、奈良県博物館「唐古・鍵 考古学ミュージアム」、福岡県遠賀町と福岡市南区でブロックチェーン活用プレミアム付商品券発行へ、博報堂や電通らの「JCBI」、消費者がNFTが正規なものか判断できる、ウォレットとコントラクトのアドレス認定事業開始、バイナンスNFT、競馬ゲーム「DeRace」のイニシャルゲームオファリング(IGO)実施へ、ナイジェリア、中銀デジタル通貨「eナイラ」ローンチ、中国大手eコマース「JD. COM」、記念NFTを初リリース