ドージコイン財団が再設立、ヴィタリックやイーロンマスクの法律財務顧問もボードアドバイザーに

ドージコイン財団が再設立、ヴィタリックやイーロンマスクの法律財務顧問もボードアドバイザーに

ドージコイン財団(Dogecoin Foundation)が再設立を8月16日に発表した。

コアメンバーやコアアドバイザーが明らかになっている。ボードアドバイザーにはイーサリアム創始者のヴィタリック・ブテリン(Vitalik Buterin)氏も加わっている。

ボードメンバーは、DDP Founder&Dogecoin Community VeteranのGary Lachance氏、OG Dogecoin Foundation VeteranでFoundation Legal & GovernancenのJens Wiechers氏、Dogecoin Core Blockchain DeveloperでFoundation Principal EngineerのMichi Lumin氏、Dogecoin Core Blockchain DeveloperのRoss Nicoll氏、F/OSS community advocate and Foundation Product LeadのTimothy Stebbing氏の計5名だ。

ボードアドバイザーはElon Musk氏の法律や財務アドバイザーであるJared Birchall氏、Dogecoin Core DeveloperでDogecoin Technical AdvisorのMax Keller氏、OG Dogecoin FounderでCommunity & Memes AdvisorのShibetoshi Nakamoto氏、Ethereum Founder, Blockchain & Crypto AdvisorのVitalik Buterin氏となっている。

ドージコイン財団は非営利団体であり、ドージコインの開発サポート、詐欺などを防ぐための商標保護、ロードマップとガバナンスを運営目的にしている。現在ドージコイン財団は今後3年間の予算を確保し、少人数のスタッフをフルタイムで雇用することを検討しているようだ。

またドージコイン財団は今後数週間のうちに、より迅速な統合と簡単なAPI連携を可能にするコアウォレットを補完するための新しいプロジェクトを発表する予定とのことだ。その狙いはドージコインを使用したいと考えている金融、社会、チャリティプロジェクトにサービス提供するためとのことだ。

また開発ロードマップは随時明らかにしていく予定とのことだ。

参考:ドージコイン財団
デザイン:一本寿和
images:iStocks/bestdesigns

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【2/22話題】スターテイルがサムスンらから約5億円調達、エルフトークン(ELF)の付与延期「協議中の事項」でなど

アスター渡辺創太のスターテイル、サムスンとUOB銀行から約5億円の追加調達、国内5例目IEO「エルフトークン(ELF)」の付与延期、ハッシュパレットとビットフライヤーで「協議中の事項」により、PBADAO、暗号屋、幻冬舎がブロックチェーンエコシステム研究所「TRI」発足、ユースケースが学べるレポート公開、Zaifが今春からステーキングサービス提供へ、チューリンガムと共同開発で、オーケーコインジャパンにソラナ(SOL)上場へ、メタマスクの「セキュリティアラート」、ポリゴンやアバランチ、BNBチェーンなどでも利用可能に、イーサリアムL2のOptimism、4回目の「OP」エアドロップ開始、韓国与党、暗号資産収益への課税を2年延期の提案=報道、バイナンス、レバレッジトークンのサービス廃止へ、Japan Fintech Weekサイドイベント「MPCウォレットFireblocksが変えるWeb3金融ビジネス」2/28開催

【国内初】オーケーコイン・ジャパンにアプトス(Aptos)上場へ、2月26日よりAPTが当たるキャンペーンも

国内暗号資産(仮想通貨)取引所オーケーコイン・ジャパン(OKCoinJapan)が、アプトス(APT)の上場予定を発表した。上場は2月26日17時の予定で、アプトス(APT)の取り扱いは国内の取引所では初の事例となる。なお今回の発表に合わせ、同社はAPT上場記念キャンペーンの開催も発表した(詳細記事後半)。

Sponsored