ジョージア政府がブロックチェーンでワイン管理、NFT化し売買も

ジョージア政府がブロックチェーンでワイン管理、NFT化し売買も

東ヨーロッパ、ジョージア(旧グルジア)共和国政府が自国産のワインをブロックチェーン技術を活用してトレーサビリティや売買を行うとして、米コインデスクが7月20日報じた。

ジョージア政府はブロックチェーン取引プラットフォームを提供するノルウェーのWiVテクノロジー(WiV Technology)と提携した。これにより同政府はこのプラットフォームを利用してワインの産地などの来歴とワイン自体を示すNFTをミント(鋳造)することで、投資家や愛好家がそのワインの出所を追跡したり、ワインに紐づいたNFTを売買できるようにすることを計画しているようだ。

ジョージアは世界最古のワインの生産地として知られており、ワイン造りは古来の伝統的な「クヴェヴリ製法」で行われている。同国政府は今回の取り組みを「自国のワインをより多くの人に知ってもらい、その評価を高めることを目指している」とコインデスクに説明したとのことだ。

またまたコインデスクによると、ジョージアでは全てのワインに認証を義務付ける新たな法律案が議会で可決されたばかりとのことで、WiVテクノロジーのCEOであるトミー・ジェンセン(Tommy Jensen)氏は今回の取り組みについて「ジョージアにとって大きなメリットがある」と語ったとのことだ。

参考: コインデスク
デザイン:一本寿和
images:iStocks/5PH

この記事の著者・インタビューイ

呉心怡

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

合わせて読みたい記事

【5/17話題】スラッシュがSlash Vプリカ SHOP開始、SECのSAB121覆す決議案が可決など

スラッシュが「Slash Vプリカ SHOP」開始、暗号資産でVプリカ購入可能に、米上院、SECの暗号資産会計ルール「SAB121」を覆す決議案を可決、インド証券取引委員会、暗号資産取引の監督に前向き、準備銀行とは対照的に、仏証券監督当局、投資家にBybitの無登録営業を警告、KuCoin、ナイジェリアの規制準拠に向け一部サービスを停止、米CME、ビットコイン現物取引の提供検討か=報道、リップル、「XRP Ledger」をコスモスのインターチェーンに接続、マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと、DTCC、大手銀行らとファンドのトークン化推進する「Smart NAV」の実証実験完了。チェーンリンク活用で

︎マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと

決済大手の米マスターカード(Mastercard)が、スタンダードチャータード銀行香港(Standard Chartered Hong Kong:SCBHK)及びその関連会社と、顧客預金およびカーボンクレジットのトークン化における試験的な概念実証(proof-of-concept pilot:PoC pilot)の完了を5月14日発表した