マスターカードが暗号資産支払い簡略化テスト、サークルやパクソスと協力

マスターカードが暗号資産支払い簡略化テスト、サークルやパクソスと協力

米マスターカード(Mastercard)が暗号資産支払いをより簡単にするカードプログラムのテストを実施することを7月20日に発表した。

マスターカードによると、このテストはUSDCの発行を行うサークル(Circle)や、ブロックチェーンのインフラを提供するパクソス(Paxos)などと協力して進められており、暗号資産ウォレットや取引所が暗号資産を法定通貨に変換する作業を簡易化することを目的としているとのこと。

従来、暗号資産による支払いを受け入れる場合、暗号資産の決済業者は、暗号資産を法定通貨に変換してからマスターカードなどのネットワークで決済する必要があり、この作業が決済業者にとっての負担となっていたとのこと。そこでマスターカードがサークルなどと提携し、暗号資産と法定通貨の間にステーブルコインを仲介させることにより、この課題を解決することが可能になるとのことだ。

マスターカードのデジタルアセット担当のラジ・ダモダラン(Raj Dhamodharan)氏は「現在、すべての暗号資産業者が、暗号資産を従来の法定通貨に変換するための基礎的なインフラを持っているわけではありませんが、私たちはそれを容易にします。

パクソス、サークル、そしてより大きなデジタル資産コミュニティとの関わりを通じて、マスターカードは世界中の人々にいつどのように支払うかという選択肢を提供するという約束を実現することを目指します」と述べている。

サークルのCEOであるジェレミー・アレール(Jeremy Allaire)氏は「サークルとマスターカードの提携は、USDCがインターネット上の決済とコマースにおける役割をどのように拡大しているかを強調すると同時に、デジタル通貨決済システムと大規模で確立された決済ネットワークとの間に重要な架け橋を築きます」とプレスリリースで述べている。

参考:MastercardCircle
デザイン:一本寿和
images:iStocks/jir・Who_I_am

この記事の著者・インタビューイ

小俣淳平

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

合わせて読みたい記事

バイナンス、ドイツ、イタリア、オランダで先物とデリバティブ取引停止へ

大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)がドイツ、イタリア、オランダの3か国において、先物・デリバティブ商品の提供を終了する予定であることを7月30日発表した。またバイナンスの公式Twitterによると3か国での対応以降、欧州地域でも同サービスの提供を終了するとしている

【7/30の話題】FabricVenturesのWeb3ファンドが120億円調達、バンクオブアメリカらパクソスに投資参加など(音声ニュース)

Fabric VenturesのWeb3.0特化ファンド、欧州投資基金らから約120億円調達、バンクオブアメリカ、コインベース、FTXがパクソスに投資参加、ペイパルCEO、暗号資産関連技術へ継続的に強い関心示す、大手資産運用企業ステート・ストリート、暗号資産のファンド管理サービス発表、草間彌生のNFTが中国オークションハウスで15.5億円で落札、米クラーケンにBadger DAO(BADGER)、Cartesi(CTSI)、Loopring(LRC)、Wrapped Bitcoin(WBTC)上場、アビスパ福岡、FiNANCiEでクラブトークン発行、イギリスで食品エコシステムのデジタル化目指すコンソーシアム「SecQuAL」発足、コインチェックがIEO銘柄「パレットトークン(PLT)」販売結果発表、申込金額244億円突破

Sponsored

バンクオブアメリカ、コインベース、FTXがパクソスに投資参加

暗号資産(仮想通貨)取引インフラやカストディサービスを提供するPaxos(パクソス)が約330億円(3億ドル)を調達したシリーズDラウンドにバンク・オブ・アメリカ(Bank of America)コインベース・ベンチャーズ(Coinbase Ventures)ファウンダーズ・ファンド(Founders Fund)暗号資産デリバティブ取引所FTXが新たに参加したことを7月29日に発表した。

米クラーケンにBadger DAO(BADGER)、Cartesi(CTSI)、Loopring(LRC)、Wrapped Bitcoin(WBTC)上場

米サンフランシスコ拠点の暗号資産(仮想通貨)取引所クラーケン(Kraken)が暗号資産バッジャーダオ:Badger DAO(バッジャー:BADGER)、カルテシ:Cartesi(CTSI)、ループリング:Loopring(LRC)、ラップドビットコイン:Wrapped Bitcoin(WBTC)の4銘柄の上場を7月29日発表した。