イタリア国家証券委員会、バイナンス利用を投資家へ警告

イタリア国家証券委員会、バイナンス利用を投資家へ警告

イタリアの金融監督当局である国家証券委員会(CONSOB)が、大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)について同国居住者に対し7月15日警告を行った。

リリースによるとCONSOBは、バイナンスグループが同国内において投資サービスの提供および活動を許可されていないとし、またウェブサイト(www.binance.com)の「デリバティブ」や「ストック・トークン」など暗号資産に関連した商品に関するセクションが以前はイタリア語に対応していたとして指摘した。

CONSOBはバイナンスグループによる現状について注意喚起しており、また投資を行う際には利用するウェブサイトが認可を受けたものであるかを確認する必要があるとし、また暗号資産に関する金融商品の取引についても細心の注意を払うべきであると説明している。

関連ニュース

英決済のクリアジャンクション、バイナンスと取引停止

イギリス金融規制当局、バイナンスにサービス停止通知

英バークレイズ銀行がユーザーによるバイナンスへの支払いを停止

サンタンデール銀行、英国支店でバイナンスへの送金サービス停止 

参考:国家証券委員会
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Abscent84・NatanaelGinting

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【6/24話題】ソラナのweb3スマホSaga来年発売、Cegaメインネットローンチなど(音声ニュース)

ソラナ(SOL)、web3スマホ「Saga」来年発売へ、【取材】分散型金融Cega、メインネットローンチへ、アミューズ、web3ファンド「KultureFUND」設立、記念NFT販売も、バイナンスとクリスティアーノロナウド提携、NFT展開へ、暗号資産ウォレット大手「Ledger」、NFTマーケットプレイス、クレカ、web3ファンド設立など発表、米コインベース、ポリゴン(MATIC)とソラナ(SOL)ネットワーク対応へ、USDC送受信可能に、「Magic Eden」、ソラナ(SOL)のPhantomウォレットと連携、分散型取引所dYdX、コスモス(ATOM)エコシステムで稼働へ、「クリプタクト」のDeFi取引集約機能にポリゴン(MATIC)追加、「遊んで稼ぐ」ゲームで若者支援、DEA「PlayMining」で「D×P」が、ダイキン、日本IBMと冷媒循環管理のブロックチェーンPF構築に向け実証実験、FTX、USDTがアバランチ、USDCがポリゴンとトロンに対応、スマホ版コインベースウォレット、DeFiやNFT機能追加、メキシコサッカー「グアダラハラ」、「Socios. com」でファントークン発行へ、米コインベース、ビットコイン先物商品提供へ

Sponsored