TWICEやNiziUら所属のJYPエンターテイメントがNFT市場へ参入

TWICEやNiziUら所属のJYPエンターテイメントがNFT市場へ参入

韓国のエンタメ企業、JYPエンターテイメントが6月末に韓国No1の暗号資産取引所Upbit(アップビット)を運営するDunamu(ドゥナム)社と戦略的業務提携を結んでいたことを7月2日に韓国メディアsoompiが報じた。JYPエンターテイメントにはTWICE、2PM、NiziUなどが属している。

今回の提携は、K-POPコンテンツをベースにしたNFT関連のデジタルグッズの生産・流通・交換、およびその他の付加サービスの開発・供給・運営を行うプラットフォーム事業の確立を目的としているようだ。

Dunamu社は、JYPエンターテイメントの創業者であるパク・ジニョン(Park Jin Young)氏の株式の一部を取得したことで、JYPエンターテインメントに出資したこととなった。

またDunamu社とJYPエンターテイメントは新たに合弁会社の設立も行う予定とのことだ。その合弁会社にてJYPエンターテインメントは、会社の経営に加え、様々な知的財産(IP)やコンテンツを提供していくとのことだ。

JYPエンターテインメントはリリースにて「JYPには、世界のK-POPを代表するアーティストや、クリエイティブで専門的なコンテンツがあります。Dunamuは、ブロックチェーンやグローバルネットワークなどの基盤となる技術力を持っています。

私たちのコラボレーションとシナジーにより、NFTプラットフォーム事業を通じて付加価値を生み出していきます」と説明している。

参考:soompi
デザイン:一本寿和
images:iStocks/whyframestudio

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【12/9の話題】JCBとDatachainがデジタル通貨相互交換の実証、PakのNFT「Merge」が約104億円で完売など(音声ニュース)

【取材】JCBとDatachain、ステーブルコインなどデジタル通貨相互交換に向け実証開始、PakのNFT「Merge」、合計約104億円で完売、Messari、DAOのアグリゲーターツール提供開始、バイナンスにBiconomy(BICO)上場、米コインベースプロ、イミュータブルX(IMX)やゴッズアンチェインド(GODS)など暗号資産6銘柄を新規上場、米ジェミナイ、コロンビア大手銀行の顧客に暗号資産取引サービス提供へ、フランスとスイスの中銀、CBDCクロスボーダー決済実験に成功、ブラジルサッカーのパルメイラス、チリーズのSocios. comでファントークン発行へ

Sponsored

【取材】JCBとDatachain、ステーブルコインなどデジタル通貨相互交換に向け実証開始

JCBとDatachain(データチェーン)が「デジタル通貨交換基盤」構築を見据え、異種ブロックチェーン間のインターオペラビリティ(相互運用性)に関する実証実験を開始したことが12月9日に分かった。両社は8月に異種分散型台帳間の相互接続についての共同研究を始めており、実証実験はその次の段階だと考えられる。