ツイッターが公式NFT公開、販売目的ではなくプレゼントに活用

ツイッターが公式NFT公開、販売目的ではなくプレゼントに活用

ツイッター(Twitter)が7種類140個のNFTをマーケットプレイスのラリブル(Rarible)にて7月1日に公開した。このNFT群の名称は「The 140 Collection」となっている。次のツイートにて公開されているGIFは7つのNFTが組み合わさったものだ。

現在このNFTは販売目的では公開されおらず、プレゼント告知するツイートに返信した人にNFTをプレゼントする目的で利用されている。そしてすでに数名の方にはプレゼント済みとのことだ。

そしてTwitterが公表しているNFT規約には以下のように説明されている。

NFT作成のためのアートワークには、Twitterの商標およびブランドの1つまたは複数の要素が含まれる場合があります。アートワークおよびブランドは、NFTに保存も組み込みもされていませんが、NFTを通じてアクセスすることができます。

NFT自体はNFTの受領者が所有するものとなりますが、NFTに関連するアートワークおよびブランドはライセンスされるものであり、当該受領者に譲渡または販売されるものではありません。またNFTの所有者は、個人的かつ非商業的な目的でアートワークを表示することが認められています。

しかし、それ以上は、Twitter社が作品の権利と所有権を保持します。

なおNFTの所有者がTwitterの規約に違反した場合、最大100ドルのペナルティが発生するとのことだ。

日本の公式もツイート

なお日本のTwitterの公式アカウントである「Twitter Japan」も、昨日の「Twitter 」の該当ツイートを7月1日午前9時に引用RTし、返信欄に寄せられたコメントに対して一部コミュニケーションを実施している。

参考:ラリブル
デザイン:一本寿和
images:iStocks/antoniokhr

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【取材】JCBとDatachain、ステーブルコインなどデジタル通貨相互交換に向け実証開始

JCBとDatachain(データチェーン)が「デジタル通貨交換基盤」構築を見据え、異種ブロックチェーン間のインターオペラビリティ(相互運用性)に関する実証実験を開始したことが12月9日に分かった。両社は8月に異種分散型台帳間の相互接続についての共同研究を始めており、実証実験はその次の段階だと考えられる。

【12/8の話題】ブロック(旧スクエア)がライトニング開発キット公開、人気ゲーム「ゴーストリコン」がNFTなど(音声ニュース)

ブロック(旧スクエア)がライトニング開発キット公開、ジャックドーシー人形も登場、UBISOFT、人気ゲーム「ゴーストリコン」にNFT採用。テゾス(XTZ)でNFTプラットフォームをローンチ、FTX、不動産を暗号資産で購入する機会提供。マイアミ市で開始、VisaやAmexら、暗号資産不正利用やマネロン対策ツール提供「TRM」に出資、【取材】DNP、ブロックチェーン活用で「n次創作物」販売に向けた実証実験開始、フィデリティとネクソが提携し、機関投資家向けサービス展開へ、バイナンス、機関投資家向け暗号資産カストディサービス提供開始、JFL所属プロサッカークラブ「FC大阪」、FiNANCiEでクラブトークン発行

Sponsored