CyberZとOEN、NFTプロデュース・販売事業へ参入

CyberZとOEN、NFTプロデュース・販売事業へ参入

株式会社CyberZと同社の関連子会社である株式会社OEN(オーイーエヌ)が、エンターテインメント領域におけるNFT活用の促進と新しい体験の創出を目指し、NFT事業に参入することを6月25日に発表した。

CyberZは、これまでエンターテイメント領域で様々な事業に取り組んできたノウハウを活かして、新たな可能性と価値を創出し、業界の盛り上がりに繋げることができると考え、NFT事業参入に至ったとのことだ。

またOENはエンターテインメント産業のDX化を推進し、新たな収益機会の創出を行ってきた企業だ。主にオンラインライブやファンミーティングの開催支援を行っており、2020年には開始半年間で総動員数250万人に至っているよう。

CyberZでは、エンターテイメント領域におけるサービス運営・マーケティング・デジタルアイテム販売などの知見を活かし、NFT活用促進に向けた新しい体験の創出を行っていき、アニメ・ゲーム・アーティストなどエンターテインメント分野の事業者のNFT活用の支援も、併せて実施するようだ。

そしてOENでは、PPV(ペイ・パー・ビュー)で配信を行ってきた音楽アーティスト、声優、格闘技をはじめとしたスポーツを中心としたエンターテインメント産業を対象とし、NFTを活用したデジタルデータのプロデュースや販売を行っていく予定とのことだ。

参考:プレスリリース

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【9/22話題】アスターがビットバンクに国内初上場、コインチェックがイーサリアムネームサービス取扱など(音声ニュース)

国内初、アスター(ASTR)がビットバンクに上場へ。日本市場に本格参入、Coincheck NFT(β版)、イーサリアムネームサービス(ENS)取扱いへ、野村HDがスイスで暗号資産事業等の新会社、web3領域企業に投資へ、香港金融管理局、リテール型CBDCのロードマップ発表、ディーカレットが「Amber Japan」に社名変更し、デジタル資産PF「WhaleFin」提供開始、OpenSeaが「オープンレアリティ」実装、NFTの希少性表示、ソラナ(SOL)のNFTマーケ「Magic Eden」、イーサリアムに対応、クラーケン、リキッドステーキングプロトコル「Liquid Collective」の開発に参加、FTXグローバル、ソラナのDeFi「Hubble Protocol(HBB)」取り扱いへ、THNDR Games、「ソリティア」でビットコインを稼げるスマホゲームリリース、コインベース、web3開発者向けに無料API「Node by Coinbase Cloud」公開、Boba Network、アバランチ(AVAX)初のL2スケーリングに採用、クラーケンCEOジェシー・パウエル氏が辞任、会長職に

Sponsored

クラーケン、リキッドステーキングプロトコル「Liquid Collective」の開発に参加

堅牢性と透明性を備えたリキッドステーキングプロトコル「リキッド・コレクティブ(Liquid Collective)」の開発を目的としたコンソーシアムに暗号資産取引所クラーケン(Kraken)が参加したことを、同プロトコルの開発をサポートするアルヴィアル(Alluvial)が9月20日に発表した