クラーケンにSolana(SOL)とSerum(SRM)が上場

クラーケンにSolana(SOL)とSerum(SRM)が上場

米サンフランシスコ拠点の暗号資産(仮想通貨)取引所クラーケン(Kraken)が暗号資産Solana:ソラナ(SOL:ソル)とSerum:セラム(SRM)の上場を6月15日発表した。

各銘柄の取り扱いはKrakenおよびKraken Proにて行われる。またSOLについてはステーキングサービスでの取り扱いがすでに開始されている。

https://twitter.com/krakenfx/status/1404831941317345281

取引はそれぞれ、USD、EUR、GBP、BTCにて行える。取引の最低額は0.2SOL、1SRMとのこと。

取引開始は6月17日の15:30(協定世界時)からの予定。両銘柄ともにすでに入金可能となっている。

なお米国、カナダ、オーストラリア、日本の居住者はこの取引を利用できない。

編集部のコメント

クラーケンによるとソラナは、取引決済時間の短縮によってユーザーのスケーラビリティを高めることを目的としたブロックチェーンプラットフォームとのこと。またセラムはソラナブロックチェーン上に構築されたDeFiプロジェクトで、暗号資産の買い手と売り手をマッチングさせることで、従来の取引所と同様に運用することを目的とした、分散型のオーダーブックとのことです。

参考:クラーケン
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ninja-Studio

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【4/17話題】アバランチ上にトークン化のホームエクイティローン、a16zが新ファンドで72億ドル調達など

米ホミウムが「ホームエクイティローン」をトークン化、Avalancheで発行、a16z、5つの新ファンドで72億ドル調達、オフチェーンラボ、新たな不正行為証明「Arbitrum BOLD」をテストネットローンチ、ペイパル、NFTの購入者と出品者を保護プログラムの対象外に、ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ、ドイツ連邦銀行とMIT、「中銀デジタル通貨」の共同研究

ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ

ソラナ(Solana)上の分散型取引所(DEX)「ドリフト(Drift)」の独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施とその割り当て数が公開された。「ドリフト」のDAO(自立分散型組織)「ドリフトDAO財団(Drift DAO Foundation)」が4月16日発表した。なおエアドロップの実施日については明らかになっていない

【4/16話題】香港でビットコインとイーサリアムの現物ETFが承認、STEPNがアディダスとNFTスニーカーなど

香港SFC、ビットコインとイーサリアムの現物ETFを承認、STEPNがアディダスと提携、1000個限定のコラボNFTスニーカー発売へ、独連邦銀行LBBW、暗号資産カストディ事業に参入へ、お好み焼専門店「千房」がLINE NEXTと提携、クーポン等をNFTで販売へ、アスターの「Astar zkEVM」が問題解決で正常稼働、「Polygon CDK」に原因と報告、モジュール型ブロックチェーン「Avail」がエアドロップ実施か、X匿名アカウントがリーク、ブエノスアイレス当局がワールドコイン(WLD)提訴、ユーザー保護法違反で1.7億円の罰金可能性も