コインチェックとCyberZ、NFT事業での協業を開始

コインチェックとCyberZ、NFT事業での協業を開始

コインチェック株式会社が株式会社サイバーエージェントの子会社である株式会社CyberZとNFT事業において協業を開始したことを6月15日に発表した。今後、両社はエンターテインメント領域におけるNFTの活用を推進していくとのことだ。

CyberZはエンターテイメント領域の活性化を目的に、ライブ配信プラットフォーム「OPENREC.tv」、eスポーツイベント「RAGE」、子会社の「株式会社eStream」にてIPのマーチャンダイジング事業やフィギュアブランド「Shibuya Sofubi Arts」などを推進してきている。

協業内容として「1.エンターテイメント事業者のNFT活用の支援、2.エンターテイメント分野でのNFTを通じた新しい体験の創出」がリリースにて説明されている。

参考:コインチェック
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Lidiia-Moor

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【12/2話題】ストライプの法定通貨から暗号資産への変換ツール、アップルがコインベースのNFT送信機能停止など(音声ニュース)

米ストライプ、法定通貨から暗号資産への変換ツール「Link」提供開始、アップル、コインベースウォレットのNFT送信機能を停止、国内初、アクシーインフィニティ(AXS)がビットバンクに上場へ、アバランチのDEX「Trader Joe」、イーサL2「Arbitrum」にマルチチェーン対応へ、フレアネットワーク、FLRのエアドロップ日程を発表、英金融インフラ大手「TP ICAP」、機関投資家向け暗号資産取引所の認可取得、FTX Japan、サービス復旧へ向けた取組み報告、ユニスワップにNFTアグリゲーター機能、GenieユーザーにUSDCエアドロップも、米クラーケン、市場低迷で1100人を一時解雇、フォビとポロニエックス、戦略的パートナーシップ発表、SBペイメントサービスとモノバンドル、NFT決済インフラ「Hokusai Payment」提供開始

Sponsored

アバランチのDEX「Trader Joe」、イーサL2「Arbitrum」にマルチチェーン対応へ

アバランチ(Avalanche)ブロックチェーン上で稼働するDEX(分散型取引所)プロトコルのトレーダージョー(Trader Joe)が、初のマルチチェーン展開としてイーサリアム(Ethereum)のレイヤー2スケーリングソリューションのアービトラム(Arbitrum)に対応することを12月1日発表した