中米経済統合銀行がエルサルバドルのビットコイン法定通貨化を支援、技術チームも発足

中米経済統合銀行がエルサルバドルのビットコイン法定通貨化を支援、技術チームも発足

中米経済統合銀行(CABEI)の総裁が、エルサルバドルがビットコインを法定通貨として確立することを支援する意向であるとDecryptが6月14日に報じた。CABEI総裁のダンテ・モッシ(Dante Mossi9)氏は6月14日に記者会見を行った。

その会見でダンテ・モッシ総裁は、中米経済統合銀行がエルサルバドル政府を支援するための技術チームを設立することを明らかした。またダンテ・モッシ総裁は、エルサルバドルのナイーブ・ブケレ(Nayib Bukele)大統領とその政府に宛てたメッセージの中で「中米経済統合銀行は、エルサルバドル政府の最初の支援先として選ばれたことを誇りに思います」と述べている。

技術チームは、中米経済統合銀行の専門家に加えて、エルサルバドルの財務省と中央銀行の専門家で構成される予定とのことだ。また中央アメリカ経済統合銀行はエルサルバドルの通貨としてビットコインを導入するために、プロジェクトの計画や法的な面での支援も行う予定のようだ。

さらにダンテ・モッシ総裁は「エルサルバドルほど広くビットコインを導入している国は他にありません。これはユーザーを保護する最善の方法を見つけるために、正面から取り組まなければならない課題です」と述べている。

参考:Decrypt
デザイン:一本寿和
images:iStocks/LongQuattro・NatanaelGinting

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【7/18話題】ステートストリートが独自ステーブルコイン検討、ビットトレードの全取引ペアの売買手数料が無料化など(音声ニュース)

ステートストリート、独自ステーブルコインの発行検討か=報道、香港規制当局ら、ステーブルコイン発行体のライセンス取得義務についての協議結果を報告、早期立法化へ、ビットトレード、全取引ペアの売買手数料を無料化へ、BTC担保の米ドルステーブルコイン「USDh」、BTCトークン規格「Runes」でローンチ、Polygon LabsがZK証明システム「Plonky3」公開、オープンソースに、マウントゴックスが債権者への弁済を報告、クラーケンへ48,641BTC送金も、ドイツ当局、ビットコイン売却で28.8億ドルの収益、スタンダードチャータード銀行支援のZodia Markets、Elwoodの暗号資産OTC事業を買収、テレグラムの「TON」、ビットコイン間のトークンブリッジサービス「トンテレポートBTC」発表