パリス・ヒルトン、投資家およびアドバイザーとしてOriginに参加

パリス・ヒルトン、投資家およびアドバイザーとしてOriginに参加

米国で実業家・セレブリティとして知られるパリス・ヒルトン(Paris Hilton)が投資家およびアドバイザーとして、イーサリアムに基づいたNFTプラットフォームであるオリジン(Origin)に参加することを6月9日発表した。

オリジンはサンフランシスコを拠点に分散型マーケットプレイスのプロトコルを開発している企業であるオリジンプロトコル(Origin Protocol)により運営されており、NFTとDeFiを推進している。

パリス・ヒルトンはNFT業界の重鎮で既に、33NFTやPabloなどのNFTのトップ技術専門家やコレクターと関係を確立している。今年4月、パリスの作品はNFTマーケットプレイスであるNiftyGateway(ニフティーゲートウェイ)で女性クリエイターのNFT売上高の記録(約1.2億円)を打ち立てた。

発表によるとパリスと彼女のチームは、オリジンの長期ビジョンに同意するとのことで、そのビジョンはNFTによって、クリエイター、インフルエンサー、アーティスト、ブランドがファンとより直接的に対話できるようになることだ。

オリジンの共同創設者であるマシュー・リウ(Matthew Liu)氏は「私たちはパリスと緊密に協力し、教育、マーケティング、およびこの革命的な技術を使用した新しいユースケース(例: 物理的なファッションやアクセサリーアイテムの引き換え、ユニークな体験やプレミアムコンテンツへのアクセス)を通じて、NFTを主流の消費者にもたらすことを楽しみにしています」と述べている。

参考:Origin
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Nikola-Spasenoski

この記事の著者・インタビューイ

呉心怡

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

合わせて読みたい記事

【12/7の話題】SBIが暗号資産取引所へ出資、ステーブルコインが銀行と資金移動業に制限かなど(音声ニュース)

SBI、シンガポールの大手暗号資産取引所コインハコへ出資、金融庁、日本円ステーブルコイン発行を銀行と資金移動業者に制限か=報道、FTX、暗号資産トレーディング・プラットフォーム規制に関する10原則を発表、アニモカブランズとバイナンス、約227億円のファンドを立ち上げ。ブロックチェーンゲーム支援で、【取材】メディアドゥ、NFT配布も可能なソーシャル映像視聴アプリ「GREET」提供へ、マリオット、会員向けキャンペーンでNFTプレゼント、兵庫県のサッカークラブ「FC SONHO川西」、FiNANCiEでクラブトークン発行、米コインベースプロ、暗号資産7銘柄を新規上場、NFT活用事例が学べる無料イベント12月10日開催、「NFT WEEKS TOKYO」で

Sponsored

アニモカブランズとバイナンス、約227億円のファンドを立ち上げ。ブロックチェーンゲーム支援で

香港拠点のNFTゲーム開発企業アニモカ・ブランズ(Amimoca Brands)と、大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)が、ブロックチェーンゲームプロジェクトへの支援を目的に2億ドル(約227億円)規模のファンドを立ち上げたことが12月6日分かった

【取材】メディアドゥ、NFT配布も可能なソーシャル映像視聴アプリ「GREET」提供へ

電子書籍取次事業やNFTマーケットプレイス運営を手がけるメディアドゥが、ソーシャル映像視聴アプリ「GREET(グリート)」を12月13日より提供開始することを発表した。「GREET」は、ミュージックビデオ、ライブ映像、ショートフィルム、ライフスタイル番組などあらゆるジャンルの公式映像を、オンライン上映会で誰とでも一緒に鑑賞ができる映像視聴アプリだ。