ETH担保の米ドル融資商品提供へ、アンカレッジと米老舗銀行BnakProvが提携

アンカレッジと米老舗銀行BnakProvが提携

米デジタル資産カストディのアンカレッジ(Anchorage)が1828年設立の米銀行BankProv(バンクプロブ)と提携し、法人向けに暗号資産イーサリアム(ETH)担保の米ドル融資商品を提供することを6月3日に発表した。

この融資商品はETHに投資していて資金を必要としている暗号資産ファンドなどに対して、保有するETHを清算することなく、経営に必要な分の米ドルを保有できる機会を与えることを目的にしている。

BankProvは、アメリカで10番目に古い銀行で、2020年に近代的なリブランドを行う前は、The Provident Bankという名前で200年以上運営されていた。

BankProvのCEOであるデイブ・マンスフィールド(Dave Mansfield)氏は「暗号資産コミュニティ向けのフルサービスの提供を次のレベルに押し進めています。私たちは暗号資産市場にも、アメリカの他の合法的で資本力のあるコンプライアンスの高いビジネスと同様に、従来の融資ツールへのアクセスと権利が与えられるべきだという使命と信念をしっかりと持っています。アンカレッジの担保管理技術はワールドクラスであり、銀行業界の信頼できるパートナーとなっています」とコメントしている。

アンカレッジの共同創設者兼社長のディオゴ・モニカ(Diogo Mónica)氏は「アンカレッジでは、デジタルアセットインフラの未来は、最先端のテクノロジーと相互に有益なパートナーシップによって築かれると考えています。BankProvは企業の技術をつなぐことに長年取り組んでおり、規制遵守の実績もあり、私たちの考えと一致しているので、提携できたことを嬉しく思います」とコメントしている。

参考:アンカレッジ
デザイン:一本寿和

images:iStock/paitoonpati

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

「ブロックチェーンが国家戦略に」政府成長戦略にてBC活用が明記

内閣官房の成長戦略会議事務局が、日本における成長戦略計画が閣議決定されたことを6月18日発表した。 この計画の「第2章 新たな成長の原動力となるデジタル化への集中投資・実装とその環境整備」には「ブロックチェーン等の新しいデジタル技術の活用」が明記されている。これによりブロックチェーンが国家戦略として取り組まれることになった

【6/18の話題】JCBとソラミツがサイバー空間サービスキット提供へ、デジタル庁重要施策にBCなど(音声ニュース)

JCBとソラミツ、サイバー空間サービスキットを提供へ。エピック・ゲームスのゲームエンジン上で、デジタル庁の重要施策にブロックチェーン、「デジタル社会の実現に向けた重点計画」が閣議決定、米共和党、暗号資産での政治献金可能へ、アフリカでDeFi活用しエネルギーアクセス加速、Energy WebとENGIE Energy Accessが提携、チリーズのSocios. com、NBAセブンティシクサーズと提携、モルガン・スタンレー・キャピタル・インターナショナル(MSCI)、暗号資産インデックス導入を検討か、PayPalやセールスフォースらから約15億円調達、ブロックチェーンBIツールのTRM、世界銀行がエルサルバドルのBTC導入の支援拒否。環境面と透明性を理由に、CNN、NFT販売サービス「Vault by CNN」発表、ピラミッドやスフィンクスがNFTに、エンジンとバーチャルワールズが提携、マクラーレン・レーシングがテゾスと提携、NFTプラットフォーム構築へ、露ノリリスク・ニッケル、銅とニッケルを裏付けにしたETCのトークン発行

デジタル庁の重要施策にブロックチェーン、「デジタル社会の実現に向けた重点計画」が閣議決定

「デジタル社会の実現に向けた重点計画」が閣議決定 ・「デジタル社会の実現に向けた重点計画」が6月18日に閣議決定された。この計画にはブロックチェーンについての言及もあり、デジタル庁の重要施策にブロックチェーンが入れ込まれたことになる。