トークン活用でカーボンニュートラルへ、暗号資産流動性プロバイダーGSR

トークン活用でカーボンニュートラルへ、暗号資産流動性プロバイダーGSR

暗号資産(仮想通貨)の流動性プロバイダーである香港GSRが気候変動問題に取り組むMOSS(モス)とのパートナーシップにより、ビットコインのマイニング事業を含む事業活動全体をカーボンニュートラルにすることを6月3日に発表した。

MOSSは「MCO2」というカーボンクレジットトークンを発行しており、それにより森林の保全、雇用の創出、そして新たな持続可能性への取り組みを促している。

今回のパートナーシップにより、GSRはアマゾン熱帯雨林の森林破壊が進んでいる地域の土地を保護することを目的とした「Fortaleza Ituxi Project」から、トークン化されたカーボンクレジットを購入することで、二酸化炭素排出量を相殺するとのことだ。このトークンの購入は、MOSSプラットフォームによって行われ、カーボン使用量の計算は、国連の気候変動に関する政府間パネルの第5次評価報告書に記載された方法と「温室効果ガスプロトコル(Greenhouse Gas Protocol)」で定められた測定方法に基づいて行われるとのことだ。

またGSRは2021年後半にクリーンエネルギーを主な動力源とするマイニング機器を北米に追加配備することを検討しているようだ。

GSR USAのCEOであるトレイ・グリッグス(Trey Griggs)氏は「ビットコインの市場活動が活発になるにつれ、マイニングとエネルギー使用の問題は、業界の問題の一つとなっています。代替エネルギーの使用を増やすなど、重要なステップが踏まれていますが、他のイノベーションと同様に、勢いがつくまでには時間がかかります。カーボンフットプリントをオフセットし、代替エネルギーの使用をさらに拡大するという当社の取り組みは、業界がより環境に優しいインフラへと移行するのを支援するという当社のコミットメントの一環です」とコメントしている。

またMOSSのCTOであるレナン・クルーガー(Renan Kruger)氏は「GSRとの提携は、暗号資産のマイニングにまつわる気候問題に取り組む上で、大きな一歩となります。私たちは他の企業がこれらの初期の動きに追随することを望んでいます。時間が経てば、クリーンエネルギーのコストが下がり続ける中で、トークン化されたカーボンクレジットプログラムの透明性と親しみやすさがマイナーにアピールすると信じています」とコメントしている。

参考:GSR
デザイン:一本寿和
images:iStock/Pavel_R・Samuil_Levich

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【2/22話題】スターテイルがサムスンらから約5億円調達、エルフトークン(ELF)の付与延期「協議中の事項」でなど

アスター渡辺創太のスターテイル、サムスンとUOB銀行から約5億円の追加調達、国内5例目IEO「エルフトークン(ELF)」の付与延期、ハッシュパレットとビットフライヤーで「協議中の事項」により、PBADAO、暗号屋、幻冬舎がブロックチェーンエコシステム研究所「TRI」発足、ユースケースが学べるレポート公開、Zaifが今春からステーキングサービス提供へ、チューリンガムと共同開発で、オーケーコインジャパンにソラナ(SOL)上場へ、メタマスクの「セキュリティアラート」、ポリゴンやアバランチ、BNBチェーンなどでも利用可能に、イーサリアムL2のOptimism、4回目の「OP」エアドロップ開始、韓国与党、暗号資産収益への課税を2年延期の提案=報道、バイナンス、レバレッジトークンのサービス廃止へ、Japan Fintech Weekサイドイベント「MPCウォレットFireblocksが変えるWeb3金融ビジネス」2/28開催

【国内初】オーケーコイン・ジャパンにアプトス(Aptos)上場へ、2月26日よりAPTが当たるキャンペーンも

国内暗号資産(仮想通貨)取引所オーケーコイン・ジャパン(OKCoinJapan)が、アプトス(APT)の上場予定を発表した。上場は2月26日17時の予定で、アプトス(APT)の取り扱いは国内の取引所では初の事例となる。なお今回の発表に合わせ、同社はAPT上場記念キャンペーンの開催も発表した(詳細記事後半)。

Sponsored