ドージコイン(DOGE)、コインベースプロにて上場

ドージコイン(DOGE)、コインベースプロにて上場

米暗号資産(仮想通貨)取引所Coinbase(コインベース)が、同社が提供する個人トレーダー向けプラットフォームCoinbase Pro(コインベースプロ)にて、暗号資産ドージコイン(Dogecoin :DOGE)の上場を6月2日発表した。

リリースによるとドージコインの取引開始は流動性条件が満たされ次第、6月3日の午前9:00(太平洋標準時)以降になるとのことだ。

なおドージコインの取り扱いはコインベースの全サービス地域での対応となるようだ。

各取引ペアについては、DOGE-USD、DOGE-BTC、DOGE-EUR、DOGE-GBP、DOGE-USDTとなっている。

編集部のコメント

ドージコインは、インターネットミーム(インターネットを通して拡散される、ネタ的要素の強い画像や動画、文章などの情報)であるドージをモチーフに2013年に作られたコインです。ビットコインを模倣して作られていますが、大きな違いは発行上限枚数がないことです。

最近ではテスラ社のイーロン・マスク氏がドージコインについてツイートすることで価格に影響をもたらし、暗号資産の時価総額ランキングが一時、4位にまで上昇をしました。

参考:コインベース
デザイン:一本寿和
images:iStock/Ninja-Studio

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【8/18話題】Phantomの新機能Burn NFT、Fractionalが約27億円調達とTesseraに名称変更など(音声ニュース)

ソラナのウォレットPhantomが新機能「Burn NFT」、スパムNFTバーンでSOL取得も、NFT分散所有の「Fractional」、約27億円調達と「Tessera」に名称変更、世界銀行グループ、炭素クレジットファンド設立へ、取引プラットフォーム構築も、FRB理事、デジタルドルに消極姿勢、クリプトドットコム、英国で暗号資産事業者の認可取得、コイントレード、ポルカドット(DOT)上場、FTXグローバル、ソラナDEXの「Orca(ORCA)」上場へ、eToro、米投資プラットフォームGatsby買収へ、欧州中央銀行、銀行への暗号資産規制を緩和か、オーストラリアで個人投資家向けビットコイン現物ETF提供へ、福岡市主催「学校では教えてくれないWeb3の可能性」8/27開催、オンライン配信も(渡辺創太/紫竹佑騎/設楽悠介)

Sponsored

eToro、米投資プラットフォームGatsby買収へ

株式や暗号資産などの投資プラットフォームを提供するイートロ(eToro)が、米国の株式などのオプション取引プラットフォームであるギャツビー(Gatsby)を買収するための契約を締結したことを8月17日に発表した。ギャツビーは2018年に設立され、米国の若年層向けに手数料無料で株式のオプション取引ができるアプリを提供してきた。