ドージコイン(DOGE)、コインベースプロにて上場

ドージコイン(DOGE)、コインベースプロにて上場

米暗号資産(仮想通貨)取引所Coinbase(コインベース)が、同社が提供する個人トレーダー向けプラットフォームCoinbase Pro(コインベースプロ)にて、暗号資産ドージコイン(Dogecoin :DOGE)の上場を6月2日発表した。

リリースによるとドージコインの取引開始は流動性条件が満たされ次第、6月3日の午前9:00(太平洋標準時)以降になるとのことだ。

なおドージコインの取り扱いはコインベースの全サービス地域での対応となるようだ。

各取引ペアについては、DOGE-USD、DOGE-BTC、DOGE-EUR、DOGE-GBP、DOGE-USDTとなっている。

編集部のコメント

ドージコインは、インターネットミーム(インターネットを通して拡散される、ネタ的要素の強い画像や動画、文章などの情報)であるドージをモチーフに2013年に作られたコインです。ビットコインを模倣して作られていますが、大きな違いは発行上限枚数がないことです。

最近ではテスラ社のイーロン・マスク氏がドージコインについてツイートすることで価格に影響をもたらし、暗号資産の時価総額ランキングが一時、4位にまで上昇をしました。

参考:コインベース
デザイン:一本寿和
images:iStock/Ninja-Studio

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【2/28話題】INTMAXが「Plasma Next」メイネットαをローンチ、周南公立大がDiamond HandsとWeb5でデジタル学生証など

INTMAX、「Plasma Next」メイネットαをローンチ。Plasmaの完成により拡張性向上、周南公立大学、Web5採用でDID利用のデジタル学生証の実証へ。Diamond Handsと提携で、イーサリアム大型アップグレード「Dencun」、メインネット実装日が3月13日に正式決定、ユニスワップ(UNI)に新機能が追加、暗号資産取引がよりシームレスに、ブラックロックの現物ビットコインETF「IBIT」、2日連続で13億ドル超えの取引高を記録、英ロイズ銀行、ブロックチェーン活用の電子船荷証券(eBL)ネットワークに参加、国内初、ビットポイントに「オシトークン(OSHI)」上場、Binance Japanにラップドビットコイン(WBTC)・ファイルコイン(FIL)・スイ(SUI)上場へ、取扱い50銘柄に、ビットフライヤーにドージコイン(DOGE)上場へ、2月で取扱い10銘柄目、SBI、日本酒「作(ZAKU)」にブロックチェーン導入で不正流通を防ぐ。開封後に「ラベルNFTバッジ」受取も、ファントムが「Wallet Watcher」提供開始、任意のウォレットを監視可能に、アバランチ(AVAX)がネットワーク障害でブロック確定が約6時間停止、現在は解決済み