GMOトラスト、GYEN取引停止について現状を報告

GMOトラスト、GYEN取引停止について現状を報告

GMOインターネット株式会社の連結会社で米国の現地法人であるGMO-Z.com Trust Company(GMOトラスト)が、同社発行のステーブルコインGYENの取引停止に関する現在の状況を5月21日発表した。

GYENはGMOトラストが発行する日本円にペッグしたステーブルコインだ。GYENは5月12日午前7:00(世界協定時間)より大手暗号資産取引所バイナンス(Binance)にて取引開始をしたが、「GYENの価格の流動性の不足と異常なボラティリティ」を理由に5月12日午前11:15(世界協定時間)に取引を停止。その後取引停止の状況が続いている。

リリースによるとGMOトラストはバイナンスと協力して、将来的に同様の取引停止が起こらないようにするための対策を講じているとのこと。またGYENに対する需要を常に満たすことができるよう、市場のパートナーと緊密に協力しているとした。

編集部のコメント

GYENローンチの際のリリースによるとGYENは(1)価格の安定性(2)流動性の高さ(3)イーサリアム技術の採用、以上3つを特徴としているとのことです。価値の裏付となる資産の証明は、独立した監査法人による監査レポートを通じて毎月開示するほか、セキュリティと透明性はGMO Trustが直接「GYEN」の発行・換金を行うため、手数料を抑えながら向上が図れるとのことです。

関連ニュース

バイナンス、日本円ステーブルコイン「GYEN」の取引を停止 一時再開するも再度停止に

GMOの「GYEN」と「ZUSD」提供開始、米銀行法規制を遵守した日本円ステーブルコインの提供は世界初

おすすめ動画

参考:GMOトラスト

(images:iStocks/Dmytro-Rohovyi)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事