英デジタル資産カストディのコッパー、約55億円の資金調達

英デジタル資産カストディのコッパー、約55億円の資金調達

イギリスのデジタル資産カストディ企業コッパー(Copper)が約55億円(5,000万ドル)シリーズB資金調達ラウンドを行ったことを発表した。

今回の投資ラウンドは、B2Bソフトウェアの主要投資家であるDawn CapitalとCopperのシリーズAラウンドを主導したTarget Globalが共同で主導した。またこのラウンドには、エンタープライズ・フィンテック専門のVCであるIlluminate Financial Management、コッパーの既存の投資家であるLocalGlobeとMMC Ventures、さらには業界で有名なフィンテック企業の経営者や起業家が戦略的エンジェルとして参加したとのことだ。今回のラウンドは、2020年2月に実施したシリーズAの資金調達に続くもので、これまでの累計調達額は約65億円(6,000万ドル)となった。

調達資金は、米国とアジアを中心とした海外での活動を拡大するためのもので、少なくとも2つの新しい地域オフィスを開設する予定のようだ。またコッパーは戦略、運営、事業開発の各部門で注目の人材を採用し、2021年末までに従業員数を3倍に増やす予定で、新たなプロダクトの開発にも注力していくとのこと。

ちなみにコッパーの預り資産は2020年第3四半期以降、40倍以上に増加したようだ。また現在200以上の顧客にサービスを提供しているとのこと。

コッパーCEOのドミトリー・トカレフ(Dmitry Tokarev)氏は「コッパーは過去12ヶ月で驚異的な成長を遂げました。今回の資金調達が成功したのは、才能ある成長中のチームの努力の賜物であると感謝しています。また投資家の皆様にも感謝しています。皆様は、Copperを引き続き支援してくださり、ClearLoop をデジタル資産のクリアリングとカストディの中心的存在にするための野心的な計画を世界規模で展開しています。投資家の皆様のご支援と、強力な顧客基盤からの継続的なサポートは、私たちが構築しているビジネスの質の高さを証明しています。そしてデジタル資産を所有することへの関心が急激に高まっているのは周知の事実で、ビットコインをはじめ、イーサリアムやリップルなどのレイヤー1プロトコルに機関投資家が殺到していることからも明らかです。コッパーは次の成長段階に入っても、市場に対応し、投資家が必要とするサービスを提供し、デジタル資産のセキュリティ、取引、クリアリングの基準を全体的に高めていきます」とコメントしている。

Dawn Capitalのゼネラルパートナーのジョシュ・ベル(Josh Bell)氏は「ここ数年、機関投資家によるデジタル資産への投資が盛んに行われていることから、当社ではわずか3年前にCopper社が市場に参入して以来、その動向を追っていました。伝統的な資産運用だけでなく、デジタル資産の運用にも精通し、この2つの世界をどのように融合させて、投資家の要求を真に満たす機関投資家向けのインフラを提供するのかを理解しているチームを見つけるのは稀です。私たちは、CEOのドミトリーとコッパーのチームが次の成長段階に入るのをサポートできることをうれしく思います。またデジタル資産のカストディとクリアリングの新しい業界標準を世界に提供するために、彼らが最適な立場にあると信じています」とコメントしている。

参考:コッパー

(images:iStocks/ChrisGorgio)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【10/27の話題】アドビPhotoshopでNFTの真正性示す情報付与が可能に、テスラがBTC決済の再開の意向など(音声ニュース)

アドビ「Photoshop」でNFTの真正性示す情報付与が可能に、OpenSeaらNFTマーケットプレイスと提携、テスラ、ビットコイン決済の再開の意向を示す、【取材】電通国際情報サービスとKyuzan、NFTマーケットプレイス構築やメタバース活用に向け共同研究開始、【取材】暗号屋、NFT所有者だけがコンテンツを楽しめるメディアプロトコル「VWBL / ビュアブル」発表、米コインリストが約114億円調達、アジア利用者数も1年間で62倍に増加、セリエA「ナポリ」、チリーズ「Socios. com」でファントークン発行へ、グラファイトのサプライチェーンをブロックチェーンで、サーキュラーとアービックス

【10/26の話題】マスターカードとバックトがCaaS提供へ、ビットポイントがジャスミーとポルカドット上場など(音声ニュース)

マスターカードとバックト、銀行や企業に暗号資産サービス導入の「CaaS(Crypto-as-a-Service)」提供へ、約4兆円運用の韓国公的基金、来年からビットコインETFへ投資を計画か、【取材】ビットポイント、ジャスミー(JMY)を国内初上場、ポルカドット(DOT)も、1921点の重要文化財をNFT化へ、奈良県博物館「唐古・鍵 考古学ミュージアム」、福岡県遠賀町と福岡市南区でブロックチェーン活用プレミアム付商品券発行へ、博報堂や電通らの「JCBI」、消費者がNFTが正規なものか判断できる、ウォレットとコントラクトのアドレス認定事業開始、バイナンスNFT、競馬ゲーム「DeRace」のイニシャルゲームオファリング(IGO)実施へ、ナイジェリア、中銀デジタル通貨「eナイラ」ローンチ、中国大手eコマース「JD. COM」、記念NFTを初リリース