エヌビディアがRTXシリーズの暗号資産マイニング・ハッシュレート制限を発表、ゲームなどのユーザーを考慮し

エヌビディアがRTXシリーズの暗号資産マイニング・ハッシュレート制限を発表、ゲームなどのユーザーを考慮し

PC用グラフィックカードの製造を行う米エヌビディア(Nvidia)が同社のフラッグシップシリーズであるGeForce RTXシリーズの供給安定化のために、同シリーズの複数製品のハッシュレートを制限することを5月18日に発表した。

エヌビディアによると、RTXシリーズは暗号資産のマイニング目的での需要が高く、本来の用途であるゲームなどに利用したい消費者の手に製品が行き渡っていない状況にあるとのこと。これを受け、同社は今後RTXシリーズをマイニング能力(ハッシュレート)を低下させた状態で出荷するとのことだ。

今回対象となる製品はGeForce RTX 3080、RTX 3070、およびRTX 3060 Tiの3製品であり、5月下旬以降からハッシュレートの制限が適用される予定となっている。なおこれらの低ハッシュレート版のRTXシリーズにはこれまでのバージョンと区別するために「LHR(LiteHashRate)」の識別子が付与されるとのこと。

エヌビディアは今年2月にもRTXシリーズの下位モデルであるRTX 3060について同様にハッシュレートを低下させることを発表している。また同月にはマイニング専用GPUであるCMPシリーズの製造を発表している。

参考:Nvidia

(images:iStocks/Believe_In_Me)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【3/5話題】ビットコイン1000万円突破、テザー「USDT」の流通量1000億ドル突破など

ビットコイン1000万円突破、対ドルでも史上最高値69,000ドルに肉薄、テザー社発行の米ドルステーブルコイン「USDT」、流通量1000億ドル突破、米SEC、ブラックロックの「イーサリアム現物ETF」上場の可否判断を再度延期、ソニー銀行がドル建てのデジタル証券募集へ、セキュリタイズ提供基盤でクオーラム採用、マイクロストラテジーが変換社債で6億ドルの資金調達へ、ビットコイン買い増す意向、韓国の個人情報保護委員会、ワールドコイン(WLD)の調査開始、台湾FSC、9月にデジタル資産市場規制の新法案提案へ=報道、米裁判所、「流通市場での特定の暗号資産取引は有価証券取引にあたる」との見方示す、国内初、Zaifに「スケブコイン(SKEB)」上場へ、Wormhole、ネイティブトークン転送のための新フレームワーク発表、ハッシュパレット、「CryptoNinja Party!」サービス終了へ