モデルのエミリー・ラタコウスキーのNFT作品、約1,900万円で落札

モデルのエミリー・ラタコウスキーのNFT作品、約1,900万円で落札

ファッションモデルであり作家のエミリー・ラタコウスキー(Emily Ratajkowski)が5月14日オークションハウスのクリスティーズ(Christie’s)にて販売したNFT作品が、同日175,000ドル(約1,900万円)で落札された。

作品は「Buying Myself Back: A Model for Redistribution」(自分を買い戻す:再配布のモデル)と呼ばれる画像作品だ。この作品は「エミリーのニューヨークの自宅で撮った自身の写真」と「エミリーのロサンゼルスの自宅に飾られているリチャードプリンス(Richard Prince)が制作したエミリーの画像」を合成し、それにより絵の前でエミリーがポーズしている様子になっている作品だ。

今回のNFT作品のリリースは、エミリーがデジタル肖像権に対する「コントロールの権利」を再確立するためとのことだ。エミリーは2019年、雑誌「The Cut」に以下の文章を掲載している。

2014年、私はマディソン・アベニューのガゴシアン・ギャラリーに自分のヌード写真が飾られたことに気づいた。 「ニューポートレート」シリーズの一環として、アーティストのリチャードプリンスがInstagramで投稿した私の写真を撮り、大きな帆布に印刷しました。作品は私の許可もなく展示され、9万ドルで販売されました。

エミリーは、プリンス氏が彼女の写真を流用したことを利用することにより、NFT技術が所有権を主張する効果になる可能性があることに気づいたとのこと。「The New York Time」の記事によると、彼女は「私は写真を共有することでキャリアを築いたが、それは私の生計にもかかわらず、写真が何度も私から奪われ、他人は写真を利用し利益を受けました」と話している。

今回のNFTオークションが開始する前に、エミリーは「新しく導入されたNFTを使用し、オンラインでの女性と所有権の先例を象徴的に作りたいと思います。これにより女性は自分の肖像に対して継続的な権限を持ち、その使用と配布に対して正当な報酬を受け取ることができます」とツイートしている。

参考:christies

(images:iStocks/Nikola-Spasenoski

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【6/17話題】コインチェックにBRIL上場、コインベストが関東財務局から行政処分など

コインチェックに「ブリリアンクリプトトークン(BRIL)」上場、ビットトレードにアプトス(APT)とトンコイン(TON)上場へ、コインベストが関東財務局から行政処分、IEO業務態勢の改善命令で、米SEC、リップル社に1億260万ドルの罰金科すよう裁判所に要求、オーケーコインジャパンに「トンコイン(TON)上場へ、国内2例目、BISが86の中銀対象としたCBDCに関する調査結果を発表=レポート、暗号資産特化のVC「Paradigm」、新ファンドで約1138億円調達=報道、独通信事業者ドイツテレコム子会社、ビットコイン(BTC)マイニング事業参入へ、ムーンペイ、ペイパルアカウントでの暗号資産購入がEU24ヵ国・英国全域に拡大

Sponsored