イーロン・マスクがテスラ保有のビットコイン(BTC)の売却した可能性を暗示

追記:以下報道の後、5月17日午後2:56 にイーロン・マスクはテスラがビットコインを販売していない旨のツイートをしました。詳細はこちら

イーロン・マスクがテスラ保有のビットコイン(BTC)の売却した可能性を暗示

テスラ(Tesla)のCEOであるイーロン・マスクが5月16日の午後にツイッター上で、テスラが保有する残りのビットコインを売却した、あるいは売却する可能性があることを示唆し、暗号資産の価格が下落した。

ビットコイン価格はイーロンの発言の影響を受けてか、約8%下落し、1BTCあたり44,000ドル前後となった。

これはCrypto Analysitと称する「Mr.Whale」というツイッターアカウントが「ビットコイナーは、テスラが保有するビットコインの残りを売却したことを知ると、来期の自分を叩くことになるだろう。イーロン・マスクが受けている憎しみの量、ヘイトの大きさからして、彼を責めることはできないだろう…。」とツイートして、イーロン・マスクが「いかにも(Indeed)」とリプライしたことが原因となっている。

メディアCNBCはテスラ社に回答を求めたが、すぐに返答はなかったとのことだ。

編集部のコメント

イーロン・マスクはこの1年、暗号資産の価格上昇に何度も貢献したと思われます。例えばテスラ社は2021年2月のSEC提出書類の中で、15億ドル相当のビットコインを購入したことを明らかにしました。

テスラはその後、第1Qにビットコインの売却を含め1億100万ドルの純利益を計上し、第1Qの純利益を過去最高にしました。今回はイーロンマスクが価格の下降に影響していますが、証券と異なり、暗号資産は投資家保護の観点がまだ未成熟です。

このあたりの規制を米国を筆頭にどのように整備していくのかは気になるところです。

参考:ツイート

images:iStocks/MikeMareen

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【5/24話題】米SECがイーサリアム現物ETF承認、NYでXRPの取引再開、かぼすちゃん亡くなるなど

米SEC、イーサリアム現物ETF上場の取引所申請を承認、米コインベース、NYで「XRP」の取引再開、野村HD、ブロックチェーンのバリデータ事業など行うKudasai子会社Omakaseに出資、香港SFC、イーサリアム現物ETFのステーキング許可を検討か=報道、ドージコイン(DOGE)のモデル「かぼすちゃん」亡くなる、STEPN運営のFSL、web3ライフスタイルアプリ「STEPN GO」αテスト開始、GMOコイン、「暗号資産FX」に6銘柄追加(DOT・ATOM・ADA・LINK・DOGE・SOL)、メタマスクがビットコイン(BTC)のサポート開始か=報道、「FRBと日銀がビットコインを100万ドルに上昇させるカギ」、アーサーヘイズ考察