【速報】doublejump. tokyo、Flowとパートナーシップ締結

doublejump. tokyo、Flowとパートナーシップ締結

ブロックチェーン技術を用いたアプリケーション開発を行うdoublejump.tokyo(ダブルジャンプトウキョウ)株式会社がカナダを拠点とするDapperLabs(ダッパーラボ)と提携したことを4月22日発表した。

今回の提携によりdoublejump.tokyoは、DapperLabsが開発するブロックチェーン「Flow(フロー)」を通じたNFT・ブロックチェーンゲームの海外展開の推進と「Flow」の日本進出支援を行っていくとのこと。

またdoublejump.tokyoは「Flow」のValidatorNode(バリデーターノード)の運用を開始するとのこと。これによりFlowチェーンの地理的な分散性に貢献することとなる。

さらに、かねてよりdouble jump.tokyoが開発をしてきたビジネス向けFlow Wallet SDKが、オープンソースとして提供開始されるとのことだ。Flow Wallet SDKには、暗号化キーを簡単に作成して管理し、AWSのサービスやアプリケーションでの使用を制御できるようになるAWS Key Management Service (KMS)が活用されているとのことだ。

編集部のコメント

「Flow」は、NFTを世間に広めた最初のコンテンツである「Cryptokitties(クリプトキティズ)」などをリリースしてきたDapperLabsが開発する独自ブロックチェーンです。

現在は、同社の開発・運営するトレーディングカードゲーム「NBA Top Shot」が大変な人気を誇り、「Flow」上でサービススタート後の流通取引総額が約400億円と第2のNFTブームを生み出すきっかけとなっています。

doublejump. tokyoは「Flow」のValidatorNode(バリデーターノード)の運用を開始することで、ブロックチェーンのネットワークに接続し、トランザクションが正しいかどうかを検証、合意形成を行うことができます。

(images:iStock/pgraphis

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【3/1話題】イーサL2「Blast」がメインネットローンチ、ワールドコインのTFHがSolanaウォレット企業買収など

イーサL2「Blast」、メインネットをリリース、ワールドコイン(WLD)関連企業TFHがSolanaウォレット「Ottr」買収。チームは「World App」開発に移行、GINKAN、「実世界の決済データとNFT情報を統合する技術」で特許取得、バイナンスにクロスチェーンプロトコル「Axelar(AXL)」上場へ、オーケーコインジャパンにエイプコイン(APE)上場へ、米マイニング企業マラソン、ビットコイン(BTC)のL2ネットワーク「Anduro」をローンチ、テレグラム、TONブロックチェーンで広告収入共有へ、香港が「デジタル人民元」の試験運用範囲拡大へ、クロスボーダー決済効率化で、グレースケール、SECに「現物ビットコインETF」のオプション承認を働きかける

ワールドコイン(WLD)関連企業TFHがSolanaウォレット「Ottr」買収。チームは「World App」開発に移行

暗号資産(仮想通貨)プロジェクト「ワールドコイン(Worldcoin)」関連企業のツールズ・フォー・ヒューマニティ(TFH:Tools For Humanity)が、ソラナ(Solana)基盤のウォレット「オットルウォレット(Ottr Wallet)」開発元のオットルファイナンス(Ottr Finance)を買収した