スマートコントラクト言語「Daml」開発のデジタルアセット 、シリーズDで約130億円調達

スマートコントラクト言語「Daml」開発のデジタルアセット 、シリーズDで約130億円調達

スマートコントラクト言語「Daml」を開発しているデジタルアセット (Digital Asset)が7RIDGEおよびEldridgeからシリーズDラウンドで約130億円(1億2,000万ドル)以上を調達したことを発表した。シリーズCラウンドには、サムスンやセールスフォースなどが参加していた。

デジタルアセットの顧客には大手金融企業が多数存在する。リリースではオーストラリア証券取引所、BNPパリバ、ブロードリッジ、チェンジ・ヘルスケア、香港取引所などが既存顧客として伝えられている。

デジタルアセットのCFO兼COOであるエムネット・リオス(Emnet Rios)は氏は「2020年、デジタルアセットは顧客数を3倍に増やしましたが、新規ビジネスの50%はブロックチェーン領域ではない技術の導入によるものでした。私たちは、組織内のデータサイロという内部的な課題を解決するために、DAMLに大きな需要があると考えました。その結果、製品ポートフォリオを拡大し、従来のデータベースを含む10種類の基礎となる元帳をサポートするようになりました」とコメントしている。

デジタルアセット の共同設立者兼CEOのユバル・ルーズ(Yuval Rooz)氏は「Damlがなければ、ワークフローを組織内および組織間で非公開かつ安全に共有することができず、データの一貫性がなく、アーキテクチャの適応にもコストがかかり、共通のインターフェイスがない状態に陥ってしまいます。今回の資金調達は、基盤となる技術に関係なく、相互運用可能な記録システムを実現するグローバルな経済ネットワークという当社のビジョンを証明するものです」と述べている。

7RIDGE社のカーステン・ケンゲーター(Carsten Kengeter)氏は「複雑で増え続けるデータには、透明性と信頼性のあるマルチパーティのデータアクセスと、1つの正規の情報源に基づく共有が必要です。Damlを使うことで、企業はデータ中心のビジネスモデルに移行することができます。『Write Once, Run Everywhere, Connect to Anything』。先見性のあるデジタルアセットチームと一緒に仕事ができることを楽しみにしています」とコメントしている。

Eldridgeのオペレーティング・パートナーであるミケーレ・トログニ(Michele Trogni)氏は「データはビジネス運営の中核をなす重要なものです。デジタルアセットは、データ管理の未来を築くための専門知識を有しており、社内外の組織をまたいだデータ共有と同期の信頼できるエコシステムを構築します。私たちはデジタルアセット と共にこの旅をすることを楽しみにしています」とコメントしている。

参考:Digital Asset

(images:iStock/Abscent84・Максим-Ивасюк・vchal)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

米ジェミナイ、英サッカークラブ「RBFC」へ7億円相当のビットコイン投資

暗号資産(仮想通貨)取引所ジェミナイ(Gemini)を運営するウィンクルボス(Winklevoss)兄弟が、英国サッカークラブ「リアルベッドフォードフットボールクラブ(RBFC)」へ約7億円相当のビットコイン(BTC)投資を行った。同クラブ所有者でビットコインポッドキャスターのピーター・マコーマック(Peter McCormack)氏が4月13日発表した

【4/12話題】ワールドコインのユーザー数が1000万人、メルカリのビットコイン取引サービス利用者数200万人など

ワールドコイン(WLD)、「World App」ユーザー数が1000万人突破、メルカリのビットコイン(BTC)取引サービス、利用者数200万人突破。サービス開始1年で、米サークル、ブラックロックのトークン化ファンド「BUIDL」を「USDC」に交換可能に、川崎重工とSettleMint、ブロックチェーン活用による品質管理の実証実験、GMOコイン、レバレッジ取引に6銘柄追加。ソラナ(SOL)やコスモス(ATOM)など、米ドルステーブルコイン「FDUSD」、Sui(SUI)上にローンチ、Bitfinex Securities、ヒルトンホテルへの資金提供としてエルサルバドル初のトークン化債券を導入、バイナンス、米当局と和解後にコンプライアンス遵守へ向け注力、新CEO語る、a16z crypto、ゼロ知識証明を用いたソリューション「Jolt」リリース、米クラーケン、アイルランドとベルギーで「モネロ(XMR)」上場廃止へ