村上隆氏のNFTオークション開始、108のNFTアートを1つにまとめた「108 Earthly Temptations」落札者に108のNFTも

村上隆氏のNFTオークション開始

現代アーティストの村上隆氏が自身初となるNFTアートのオークションを本日4月7日開始した。

村上氏は3月29日より同氏の代表作である「お花」による、ファミコン文化創造の起源への憧憬を想起させる 24×24 ピクセルの pixel art を、仏教で欲望を表す数字 108つで表現した「Murakami.Flowers」というシリーズを昨日まで発行し続けていた。

そして4月6日に108つ全てのアートが出揃い、本日4月7日よりオークションを開始する運びとなった。

なおオークションの具体的な方法もあわせて明らかになった。これまで発行してきた108のアートを集約した「108 Earthly Temptations」という集合画と紐付いたNFTを発行。その作品がオークションの対象となる。

「108 Earthly Temptations」OpenSeaより

なおこのNFTの落札者には、これまでの108の個別のアートの所有権(NFT)も同時に保有してもらうという形式となっている。つまり「108 Earthly Temptations」落札者が、これまでの108個のNFTも手に入れられるという仕組みだ。

また村上氏はOpenSeaの「詳細」に、今回の取り組み至った経緯やこれまでの代表的なNFTアート紹介、オークションの仕組みなどを記載しているので是非合わせて読んでいただきたい。

→「108 Earthly Temptations」

なお4月7日20時40分現在、この「108 Earthly Temptations」への入札金額は4.6381ETH(約9,534ドル=約104万円)となっている。

オークションの終了は4月12日午前0時(日本時間)だ。

この村上氏の先進的な取り組みに、どのような価格がつくのか、期待が高まる。

 

関連記事:特集「NFT大解剖」

特集「NFT大解剖」

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【10/20の話題】フェイスブックらのデジタルウォレット「Novi」、米国BTC先物ETFの初日売買など(音声ニュース)

フェイスブックらのデジタルウォレット「Novi」、パイロット版ローンチ、米国でビットコイン先物ETF取引開始、初日売買代金は約10億ドル。現物も過去最高値付近まで上昇、次はビットコイン「現物」ETF承認か、グレースケールがGBTCをETFに転換申請、米チェイナリシスがNYDIGと提携、ビットコイン購入計画も、野村HDがデジタルガレージ子会社へ出資、Komainuと3社で国内機関投資家向けのカストディ事業検討へ、コインベースとNBA、複数年のパートナーシップ締結、コスメブランド「CLNIQUE」、NFT活用のSNSプロモーションを発表

コインベースとNBA、複数年のパートナーシップ締結

暗号資産取引所運営の米コインベース・グローバル(Coinbase Global)と、ナショナル・バスケットボール・アソシエーション(NBA)が、複数年にわたるパートナーシップを締結したことを10月19日に発表した。具体的にコインベースはNBA、WNBA、NBA Gリーグ、NBA 2Kリーグ、USAバスケットボールらと、暗号資産プラットフォームを提供する契約を結んだ。