【速報】オンライン学習サービス「PoL(ポル)」がカリキュラム受講証明の修了証をNFTで発行開始

オンライン学習サービス「PoL(ポル)」がカリキュラム受講証明の修了証をNFTで発行開始

株式会社techtecが、同社運営のオンライン学習サービス「PoL(ポル)」のカリキュラムを学習したことを証明する修了証を、NFTとして発行する取り組みを開始したことを3月29日発表した。なおリリースによると、学習終了証をNFT(ノンファンジブルトーク)として発行するのは世界初の取り組みになるとのことで、現在特許申請中であるとのことだ。

PoLは学習履歴をブロックチェーンに記録するeラーニングプラットフォームで、「仮想通貨」「ブロックチェーン」「ブロックチェーン応用」の3つのカリキュラムを無料で受講できる。今回の取り組みでは「仮想通貨」「ブロックチェーン」のカリキュラム受講証明の修了証発行を、NFTを使って行うとのことだ。

この修了証NFTは、イーサリアムのサイドチェーンであるxDAIチェーンを利用して発行されるとのこと。なおxDAIチェーンはPoAのアルゴリズムを採用することで高いスループットを実現している。

またリリースによると、現時点で発行される修了証NFTはtechtecが発行までのプロセスを手動で確認しながら対応していくとのことで、受講者の情報と学習履歴、修了証取得テストにおけるスコアを目視することでNFTの発行可否を判断するという。このようなスキームにした理由として、ユーザーがxDAIチェーンやxDAIトークンなどの個別要素を気にすることなく修了証NFTを発行できるよう、ユーザーフレンドリーを最優先したためであるとのことだ。

株式会社techtecの代表取締役CEOである田上智裕氏はリリースにて「NFTはデジタルコンテンツを唯一無二の存在として流通させることができる仕組みです。

この性質からアートや音楽をNFTと紐づけて販売することで多額に金銭が売買されるようになりました。これもNFTを活用した1つの事例にはなりますが、NFTの本質はコンテンツの存在証明や所有権証明です。

PoLでは本来NFTが実現したかった本質に立ち返り、誰からも改ざんされず第三者の証明が必要のない『個人が何を学習したか』という証明をNFTを使って実現していきます」とコメントしている。

techtec田上智裕氏インタビュー

「あたらしい経済」編集部は今回のリリースに合わせてtechtec田上氏にインタビューを実施。今回の発表についてや、現状のNFTブームをどうのように捉えているかをきいた。

参考:techtec

(images:iStocks/)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【5/24話題】米SECがイーサリアム現物ETF承認、NYでXRPの取引再開、かぼすちゃん亡くなるなど

米SEC、イーサリアム現物ETF上場の取引所申請を承認、米コインベース、NYで「XRP」の取引再開、野村HD、ブロックチェーンのバリデータ事業など行うKudasai子会社Omakaseに出資、香港SFC、イーサリアム現物ETFのステーキング許可を検討か=報道、ドージコイン(DOGE)のモデル「かぼすちゃん」亡くなる、STEPN運営のFSL、web3ライフスタイルアプリ「STEPN GO」αテスト開始、GMOコイン、「暗号資産FX」に6銘柄追加(DOT・ATOM・ADA・LINK・DOGE・SOL)、メタマスクがビットコイン(BTC)のサポート開始か=報道、「FRBと日銀がビットコインを100万ドルに上昇させるカギ」、アーサーヘイズ考察