特集 Proof of Talk #03 AnyPay大野紗和子×フロンティアパートナーズ今井崇也×グラコネ藤本真衣

この特集をシェア

マイクロペイメントが私たちの生活を変える PoT #03-1 AnyPay大野紗和子×フロンティアパートナーズ今井崇也

私たちAnyPayはセキュリティトークンに関する事業をやっています。その中で、国をまたいだインターオペラビリティ(相互運用性)や、ユーザーにどう流動性を提供していくか、そしてコンプライアンスをみんなでどう対応していくかということが、すごく大事だと感じているんです。やはりどうしてもアメリカやヨーロッパを中心にサービスが生まれがちなので、だからこそAnyPayがそこにアジアの視点をちゃんと伝える役割を果たしていきたいと思っています。

機械に仕事が奪われても幸せな未来 PoT #03-2 AnyPay大野紗和子×フロンティアパートナーズ今井崇也

例えば現在ゲームの中でモンスターを倒したら、一般的にもらえるのはゲーム内専用のゴールドみたいなポイントじゃないですか。そのインセンティブをリアルなお金に交換できるようにできたら、朝はゲームして、それでそこで稼いだゴールドを使って現実世界でお昼ご飯食べるみたいなこともできるようになりますよね。

セキュリティトークンで広がる、投資の可能性 #03-3 AnyPay大野紗和子×フロンティアパートナーズ今井崇也

去年からブロックチェーンの事業で、ICOコンサルティングをやっていました。その中で今年のはじめころからセキュリティトークンが注目を集めるようになってきました。セキュリティトークンの今までのICOで主だったユーティリティトークンとの違いは、トークンの価値がセカンダリー市場や需給のバランスだけでなく、何かしらの価値に裏付けされていることです。

スタンダードとなるプロトコルの必要性 #03-4 AnyPay大野紗和子 × フロンティアパートナーズ今井崇也

今ブロックチェーン業界として、どういうプロトコルに集約していくべきかをみんなが考えている状況です。既にpolymathが主導しているEIP 1400など幾つかの規格があります。ただ流動性が投資家にとって一つの重要な価値なので、スタンダードになるプロトコルが必要だと思います。

最新の記事

ヒュンダイがブロックチェーンでの中古車両情報追跡PF開発を計画、サムスンがブロックチェーン開発とトークンの発行を検討かなどのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

ヒュンダイがブロックチェーン市場に参入、中古車両情報追跡のプラットフォーム開発を計画、サムスンがイーサリアムでのパブリックブロックチェーンの開発とトークンの発行を検討か、株式会社digglueがBaaS特化型情報サイト「BaaSinfo!」をオープン、近畿大学・大阪商工会議所・関西情報センターが連携して、ブロックチェーン教育プログラム「BLOCKCHAIN Teck MEETUP OSAKA」を開催

三菱総研が地域コイン社会実験検証結果を発表、「あたらしい経済」とインフォバーン「Unchained」提携しビジネスパーソン向けブロックチェーン教育プログラム開始などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

三菱総合研究所が地域コインの社会実験を実施し、地域商品券事業への適用可能性とその効果検証の結果発表、ALISが企業向けのブロックチェーン事業参入コンサルティング・開発支援を開始、金融庁がフォビジャパンとフィスコに立ち入り検査か、マネックス証券がコインチェックと連携し、マネックスポイントを仮想通貨と交換できるサービスを開始、「あたらしい経済」とインフォバーン「Unchained」が提携し、ビジネスパーソン向けブロックチェーン教育プログラム「ビジネス・ブロックチェーン・キャンプ」開始

すべてのビジネスパーソンにブロックチェーンの知識を。「あたらしい経済」と「Unchained」が提携し、教育プログラム「ビジネス・ブロックチェーン・キャンプ」開始

私たち「あたらしい経済」は、ブロックチェーン・暗号資産の情報発信と教育強化を目的として、インフォバーングループが推進する企業内イノベーター・ハブ「Unchained」と業務提携をいたします。 そして本提携の第1弾として、ビジネスパーソン向けのブロックチェーン教育プログラム「ビジネス・ブロックチェーン・キャンプ(Business Blockchain Camp: BBC)」を、2019年7月に開始することを決定いたしました。

ふくおかFGのiBankマーケティングがブロックチェーンの地域ポイント本格稼動、サスメドのBCの臨床データのモニタリングシステム実証実験がサンドボックス制度認定などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

ふくおかフィナンシャルグループのiBankマーケティングが、ブロックチェーンでの地域ポイントサービスの本格稼動、経済産業省が「規制のサンドボックス制度」案件として、サスメドのブロックチェーン技術を用いた臨床データのモニタリングシステムに関する実証実験を認定、Seamico Securities DigitalがタイでICO免許を取得。今年の夏までにTezos Public chainでトークン発行予定、仮想通貨にも対応したVisaプリペイドカード「Pollet(ポレット)」に約1分で発行可能なバーチャルカードが登場。10%増量キャンペーンも開催、米スタートアップMOONでライトニングネットワークを使用してAmazonで買い物ができるサービスを開始、G20福岡で仮想通貨規制を含めた策定書作成の議論開始が明らかに

MUFGと米アカマイが事業会社設立、フォルクスワーゲンがブロックチェーン活用グループ組成、IndieSquareがBC間で暗号資産を転送する「HAZAMA」開発などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

三菱UFJフィナンシャル・グループと米アカマイテクノロジーズが新たに事業会社「Global Open Network Japan 株式会社」設立、フォルクスワーゲングループが鉱物のサプライチェーンにIBMブロックチェーンを活用するグループを組成、セレーナウィリアムスが経営するVCがCoinbaseに出資していることが明らかに、株式会社IndieSquareがブロックチェーン間で暗号資産を転送するシステムを開発仮想通貨取引所ザイフが株式会社フィスコ仮想通貨取引所への事業承継業務が終了 MONAの現物取引を再開

米コインベースが新たに11カ国で仮想通貨交換サービス開始、「Binance Chain」4月23日メインネットローンチ、日本ハッカー協会がコインヘイブ事件のモロ氏の寄付募集開始などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

米コインベースが仮想通貨ペア交換サービスを11カ国で展開開始、サービス提供地域は53カ国に、バイナンスの「Binance Chain」が4月23日にメインネットローンチ、日本ハッカー協会がコインハイブ事件モロ氏の弁護士費用の寄付募集開始、ペイパルがクリプトジャックを防御する技術の特許を取得、テレグラムのTON Labsとドイツのペイメント企業Wirecardが共同で分散型プラットフォームを作り上げることが明らかに

LCNEMがステーブルコインとライトニングネットワークを組み合わせた新サービス発表、マイクロソフトやEEAらが「Token Taxonomy Initiative」組成などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

LCNEMがステーブルコインとLightning Networkを組み合わせた新サービスを発表、匿名技術を提供する企業BoltLabsがリップル・Zキャッシュなどから150万ドルの資金調達、MicrosoftとEEAが中心となり、ブロックチェーンでのビジネスデザインやトークン設計を推進するための「Token Taxonomy Initiative」を組成したことが明らかに、国内初NFTのマッチングプラットフォーム”bazaaar”の新規アセット掲載、次世代型SNS「FiNANCiE」新たにヒーローが5名参加、消費者庁が暗号資産に関する注意喚起資料、詐欺などに関する相談を更新