特集 Proof of Talk #03 AnyPay大野紗和子×フロンティアパートナーズ今井崇也×グラコネ藤本真衣

この特集をシェア

マイクロペイメントが私たちの生活を変える PoT #03-1 AnyPay大野紗和子×フロンティアパートナーズ今井崇也

私たちAnyPayはセキュリティトークンに関する事業をやっています。その中で、国をまたいだインターオペラビリティ(相互運用性)や、ユーザーにどう流動性を提供していくか、そしてコンプライアンスをみんなでどう対応していくかということが、すごく大事だと感じているんです。やはりどうしてもアメリカやヨーロッパを中心にサービスが生まれがちなので、だからこそAnyPayがそこにアジアの視点をちゃんと伝える役割を果たしていきたいと思っています。

機械に仕事が奪われても幸せな未来 PoT #03-2 AnyPay大野紗和子×フロンティアパートナーズ今井崇也

例えば現在ゲームの中でモンスターを倒したら、一般的にもらえるのはゲーム内専用のゴールドみたいなポイントじゃないですか。そのインセンティブをリアルなお金に交換できるようにできたら、朝はゲームして、それでそこで稼いだゴールドを使って現実世界でお昼ご飯食べるみたいなこともできるようになりますよね。

セキュリティトークンで広がる、投資の可能性 #03-3 AnyPay大野紗和子×フロンティアパートナーズ今井崇也

去年からブロックチェーンの事業で、ICOコンサルティングをやっていました。その中で今年のはじめころからセキュリティトークンが注目を集めるようになってきました。セキュリティトークンの今までのICOで主だったユーティリティトークンとの違いは、トークンの価値がセカンダリー市場や需給のバランスだけでなく、何かしらの価値に裏付けされていることです。

スタンダードとなるプロトコルの必要性 #03-4 AnyPay大野紗和子 × フロンティアパートナーズ今井崇也

今ブロックチェーン業界として、どういうプロトコルに集約していくべきかをみんなが考えている状況です。既にpolymathが主導しているEIP 1400など幾つかの規格があります。ただ流動性が投資家にとって一つの重要な価値なので、スタンダードになるプロトコルが必要だと思います。

最新の記事

FSBが「ステーブルコインは仮想通貨より脅威」とコメント、Cryptoeconomics Labがイーサリアム財団Ecosystem Support Programへ⽇本初採択などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

FSBが「ステーブルコインは仮想通貨より脅威」とコメント、Cryptoeconomics Labがイーサリアム財団の運営するEcosystem Support Programへ⽇本初採択、ZaifがNEMアップデートに関する対応を発表、ドバイのエマールグループが独自トークン「EMR」を発行へ、Braveブラウザの月間アクティブユーザー数が800万人突破、マイアミ国際空港にビットコインATMが設置

「小説家を夢見たエンジニアと、エンジニアを刺激したい小説家」芥川賞作家・上田岳弘氏×ブロックチェーンエンジニア・落合渉悟氏 <2万字特別対談>(3)

仮想通貨(暗号資産)/ブロックチェーンを題材にした『ニムロッド』で第160回芥川賞受賞し、最新作『キュー』ではテクノロジーの発展の先にある分散化あるいは究極の中央集権化を見事に描いた小説家 上田岳弘 氏。そしてイーサリアムの高速化技術である「Plasma」の開発者として世界から注目を集めるエンジニアであり株式会社Cryptoeconomics Lab のCo-founder/Chief Economistである落合渉悟氏。小説家とエンジニアという全く違った境遇の二人が表現やテクノロジーの未来に激しく共鳴し合う、特別対談最終回(全3回)。

EYがEYOpsChain Public Finance Managerを発表、SBIとNECが分散型台帳活用の金融機関向け事業を展開、カナダ銀行がデジタル通貨発行を2013年から検討などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

EYがEY OpsChain Public Finance Managerを発表、SBIセキュリティ・ソリューションズとNECが合弁会社を設立し、分散型台帳技術を活用した金融機関向けソリューション事業を展開、カナダ銀行がデジタル通貨の発行を2013年から検討し続けていることが明らかに、MRIと近鉄グループが、ブロックチェーンを活用したデジタル地域通貨「近鉄しまかぜコイン」を実用開始

「世界はそれを呪縛と呼ぶか、理想と呼ぶか」芥川賞作家・上田岳弘氏×ブロックチェーンエンジニア・落合渉悟氏 <2万字特別対談>(2)

仮想通貨(暗号資産)/ブロックチェーンを題材にした『ニムロッド』で第160回芥川賞受賞し、最新作『キュー』ではテクノロジーの発展の先にある分散化あるいは究極の中央集権化を見事に描いた小説家 上田岳弘 氏。そしてイーサリアムの高速化技術である「Plasma」の開発者として世界から注目を集めるエンジニアであり株式会社Cryptoeconomics Lab のCo-founder/Chief Economistである落合渉悟氏。小説家とエンジニアという全く違った境遇の二人が表現やテクノロジーの未来に激しく共鳴し合う、特別対談第2回(全3回)。

eToroがTwitter分析に基づく仮想通貨投資分析PFローンチ、WyreがApple PayGoogle Payで仮想通貨購入できるサービス発表、米内国歳入庁が仮想通貨納税者へのガイダンス更新などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

eToroがTwitter分析に基づく仮想通貨の投資分析プラットフォームをローンチ、WyreがApple PayとGoogle Payを利用して仮想通貨を購入できる新サービスを発表、アメリカ内国歳入庁が仮想通貨に関する納税者へのガイダンスを5年ぶりに更新、Kikがサービス継続へ

「天才小説家と天才エンジニアの化学反応」芥川賞作家・上田岳弘氏×ブロックチェーンエンジニア・落合渉悟氏 <2万字特別対談>(1)

仮想通貨(暗号資産)/ブロックチェーンを題材にした『ニムロッド』で第160回芥川賞受賞し、最新作『キュー』ではテクノロジーの発展の先にある分散化あるいは究極の中央集権化を見事に描いた小説家 上田岳弘 氏。そしてイーサリアムの高速化技術である「Plasma」の開発者として世界から注目を集めるエンジニアであり株式会社Cryptoeconomics Lab のCo-founder/Chief Economistである落合渉悟氏。小説家とエンジニアという全く違った境遇の二人が表現やテクノロジーの未来に激しく共鳴し合う、特別対談第1回(全3回)。

Libra協会に21団体が正式加盟、ホンダBMWらブロックチェーンを活用した自動決済サービスの実験開始へ、AVALABSがAthereum発表などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

Libra協会に21の企業と組織が正式に加盟、ホンダやBMW自動車大手5社が、電気自動車によるブロックチェーンを活用した自動決済サービスの実験開始へ、AVALABSがAthereumを発表、バイエルンミュンヘンがストライキングとライセンス契約を発表

Devcon5大阪閉幕、イーサリアム財団宮口あや氏が4日間を振り返る、TBSがブロックチェーンでの再生エネルギーを利用などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

Devcon5大阪が閉幕 、TBSホールディングスがブロックチェーンを活用した再生エネルギーを利用、CFTC委員長がETHは金融商品だと発言、AlipayとWeChatPayがBinanceのOTC取引との連携を否定、Maker財団がDAIの新仕様「MCD」を11月18日より提供開始