カナダのVersaBank(ヴァーサバンク)が銀行預金を1対1ペッグさせるデジタル通貨「VCAD」の発行を計画

カナダのVersaBankが銀行預金を1対1ペッグさせるデジタル通貨「VCAD」の発行を計画

カナダのVersaBank(ヴァーサバンク)がカナダドルの銀行預金を1対1でペッグするデジタル通貨「VCAD」を発行する計画を2月24日に発表した

ヴァーサバンクは、カナダの大手暗号資産運用会社3iQと、カナダのブロックチェーン開発企業メイブンネット(Mavennet)との合弁会社であるステーブルコープ(Stablecorp)と戦略的パートナーシップを締結し、「VCAD」の商業化を開始していく予定とのこと。

「VCAD」は、ヴァーサバンクの高効率な企業間取引モデルに沿って、既存のデジタル預金契約をスマートコントラクトを利用して、金融仲介パートナーにカナダドルの預金と引き換えに発行されるようだ。

ヴァーサバンクのパートナーは、「VCAD」を個人や企業に直接提供し、企業や個人は「VCAD」を商業的に利用したり、いつでもカナダドルに交換したりすることができる。 「VCAD」は、ヴァーサバンクが現在、記録的な融資の増加を経験していることから、ヴァーサバンクにとって重要な低コストの新たな預金源となるとのこと。

またリリースには「VCADは北米の銀行が発行し、銀行預金を裏付けとした世界初のデジタル通貨となることが期待されていることから、現在市場に出回っているすべてのデジタル通貨の中で最高レベルの安定性と安全性を提供する必要がある」と記載されている。

VersaBankとサイバーセキュリティ子会社であるDRT Cyberの社長であるデイビット・テイラー(David Taylor)氏は「北米初の銀行発行のステーブルコインとして、VCADは、消費者や企業に、従来の通貨の変動性を伴わないデジタル通貨やブロックチェーンベースの資産の利点を、暗号資産の世界が長い間求めてきた価値を担保する資産の安全性とともに、採用して活用する能力を提供します。

VCADで商品やサービスを購入する消費者や企業は、これらの取引を実行する際に、デジタル通貨の正確な価値をようやく知ることができるようになります。ヴァーサバンクは約30年前に最初のデジタル銀行として誕生し、以来数十年にわたり、デジタルバンキングのパイオニア的存在であり続けてきました。

デジタル通貨は世界の決済システムの自然な進化であり、VCADの立ち上げは、当社のデジタルバンキング業務の自然な延長線上にあります。 当社のパートナーであるステイブルコープと協力して、この業界初の試みに取り組めることを誇りに思います」と述べている

ステーブルコープのCEOを務めるジャン・デスガーニュ(Jean Desgagne)氏は「ヴァーサバンクと提携し、従来の暗号資産市場の2つの大きな欠点であるボラティリティとセキュリティに対応したデジタル通貨を提供できることを大変嬉しく思います。

VCADは、カナダの公認銀行の預金という安全性だけでなく、発行または換金されたVCADは常にカナダドルと1対1の価値を持つという安心感を消費者に提供しています。

このような明確なメリットがあるため、デジタル通貨が金融取引の主流になるにつれ、VCADの需要が高まると確信しています」とコメントしている。

(images:iStocks/Ninja-Studio・Simon-Lehmann)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

PerfumeのNFTアート、DBS銀行が貿易金融プラットフォーム提供開始などのニュース解説ラジオ

Perfume、NFTアートのリリース発表、シンガポールDBS銀行、オーストラリア・中国・香港・シンガポールの顧客向けに貿易金融プラットフォーム提供開始、バイナンスの株式トークン、香港及び欧州規制当局が調査か、SBIトレーサビリティ株式会社が新設、ブロックチェーン活用のトレーサビリティ・サービス等を提供しSDGsに貢献、EYが特許取得、ブロックチェーンを適用しサプライチェーンマネジメントを高度化(パートナー荻生泰之氏コメントあり)、コインベースプロにてテザー(USDT)が上場へ、NFTマーケットプレイス「nanakusa」と財務・管理会計システム「Gtax」が提携、公認アーティストにNFT販売レポート機能提供、NFTマーケットプレイス「ユニマ」が事前登録の受付開始、杉田陽平氏のアートや山口周氏の書籍が販売へ、日本初のNFTバーチャルスニーカー、発売から9分で完売、コインチェックとゲームエイトがNFT事業において連携開始

NFTマーケットプレイス「nanakusa」と財務・管理会計システム「Gtax」が提携、公認アーティストにNFT販売レポート機能提供

NFTマーケットプレイス「nanakusa(ナナクサ)」を運営するする株式会社スマートアプリと暗号資産(仮想通貨)の財務・管理会計ソフト「Gtax(ジータックス)」を提供する株式会社Aerial Partnersが提携し、nanakusa公認クリプトアーティスト向けに「Gtax for Creators」を提供することを4月22日発表した。

シンガポールDBS銀行、オーストラリア・中国・香港・シンガポールの顧客向けに貿易金融プラットフォーム提供開始

シンガポールのDBS銀行が、アジア太平洋地域の主要な貿易拠点における貿易金融のデジタル化を推進するため、貿易金融プラットフォーム「Contour」の提供を法人顧客に拡大したことを発表した。サービス展開を拡大するアジア太平洋地域の主要な貿易拠点は、オーストラリア、中国、香港、シンガポールだ。